MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 武田さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2016年合格者[農獣医]

武田
武田 (県立仙台第一)
  • 東北大学農学部

数学が苦手な理由はなにか?それは恒常的に取り組んでいなかったから。「予習→テスト→解説→復習」の体系的な55システムで苦手も難なく克服できてしまいます!

武田さんは数学にかなりの苦手意識を持っていたそうですね?

はい。高校に入るとき、あまりにも数学ができなくて不安だったので予備校に行きたいと考えました。四谷学院は55段階で自分の抜け・漏れを埋められるのと同時に、レベルに合ったクラス授業を受けられる点が魅力に感じました。

「復習」が組み込まれた55段階で苦手科目も難なく取り組める!

実際の55段階はどうでしたか?

テストの解説をメインにアドバイスしていただいたのですが、当初は大体が×印でほとんど合格できませんでした。でも、55段階では「復習」も大切なステップ。次の授業までにテストをもう一度解き直してくることで、自然と復習する癖がつきました。

それは、定例的に取り組む良い習慣がつきましたね!

最初は本当に基本的な問題から始まるので、だんだん初見の問題でも手を出せるようになっていきました。以前は見ただけで拒否反応を起こしていたのですが(笑)、ある程度まとまって数学に取り組むようになってからは「こういうやり方も、こういう方法もあるな」と選択肢が浮かぶようになりました。

継続は力なり。苦手なのは、やってなかったからでした。

最初はつらくても、解き続けることで見えてくるものってありますよね。

以前は定期テスト前に短期集中的にやるだけで、結局自分の身になっていなかったのですが、55段階を使って何度も本気で取り組むことで、そこで得られた知識や解法が自然と身につき、いつでも思い出せるようになりました。

「継続は力なり」をまさに体現化していますね!

たとえ1回目で丸をもらっても、アドバイスを受けたら次のテストではもっと良い解答で丸をもらう。それを意識していたら答案の書き方が上手くなり、大問の(3)や(4)といった応用問題でも減点されることがなくなって良かったです。

四谷学院の恵まれた環境をぜひ活用してください!

クラス授業はどうでしたか?

英語の授業は学校のように退屈な内容でなく、一人ひとりの解答を見て細かなアドバイスをもらえるものでした。新しい単語を覚えるだけでなく、その言葉の重要ポイントなどを全て把握されている先生だったので、長文を読むに留まらず、あらゆることを習得できる授業でした。

合格を知ったときはどうでした?

しばらく信じられず、担任の先生や友達に喜んでもらえたことが一番嬉しかったです。日々、諦めずに頑張ってきて良かったと思いました。四谷学院には恵まれた環境がそろっていますから、後輩のみなさんにもぜひ活用していただきたいですね。

武田さんの努力が実って良かったです!最後に将来への展望をどうぞ。

私は植物遺伝育種学に興味があるので、将来は品種改良や遺伝子組換作物についての研究をしたいと思っています。またグローバル社会で活躍できるよう、留学にもチャレンジしたいです!

△このページのトップへ