MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 榎 眞太郎くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2015年合格者[農獣医]

2015年 農獣医 榎 眞太郎くん
榎 眞太郎くん (私立六甲)
  • 九州大学農学部

学年最下位付近にいた僕が、現役で九大に合格!基本を網羅することで、自分の力で解ける問題が増え55段階で答案を見てもらい、二次の記述力もアップ。偏差値は英語が73、数学が65まで伸びました!

大学受験を見据えて勉強するなら四谷学院が最適だと思いました。

榎くんは、中学3年生から四谷学院で勉強していたんですね。

はい。中学の頃は学校の授業についていけず、テストでも最下位に近いような点数でした。中高一貫に通っていたのですが、高校への進学も危うい状況でしたね。それで、個別で対策しようと考えて四谷学院に入学しました。

個別指導の塾なら、他にもたくさんありますよね。どうして四谷学院だったんですか?

四谷学院には大学受験用のコースがあったからです。55段階もあるし、ここなら大学受験までサポートしてもらえるだろうと考え、四谷学院を選びました。

大学受験となると細かなサポートが必要ですからね。それで高校生のコースにも入学した、ということですね。

はい。学校の授業が理解できるようになったし、模試の成績も上がり始めたので、担任の先生とも相談し高2の夏から高校生のコースにも入学しました。

55段階で全範囲を網羅して苦手だった英文法を克服!

高校生のコースでは、英語と数学の55段階を受講していますね。では、それぞれ感想を聞かせてください。

まず英語から。四谷学院の55段階で、苦手な文法を網羅できたのが良かったです。それまでは、センター試験でよく出題される穴埋めの文法が苦手でした。自分では対策の仕方がわからず、勉強は後回し。それが、55段階を全範囲を終わらせたら偏差値が73まで伸び、センター試験も乗り切ることができました。

何が問われているのか、本質がわかると解きやすくなりますからね。続いて、数学についてお願いします。

数学は基本的なこともおぼつかない状態だったので、55段階で基礎の確認を行いました。学校の先生にも「演習量が足りない」と指摘されていたのですが、基本~標準レベルの問題をたくさん解くことで徐々に土台が固まっていきました。さすがに、すぐに成績向上!という訳にはいかなかったのですが。

目の前で添削をしてもらえたので二次試験の対策にもなりました。

即効性はなくとも、じわじわと効果が見られたのではないですか?

そうですね。入学前は35しかなかった偏差値が、最終的に65まで伸びました。目の前で答案を採点してもらって、自分の答案のどこがいけないのかを逐次教えてもらえたおかげだと思います。

もはや「得意科目」と言えるぐらいに伸びていますね!それは、本番も手ごたえがあったでしょう。

はい、しっかりとした答案を書くことができました。二次試験で点をとるには整った答案を書けるようになることが大切ですが、55段階で答案を細かく見てもらったことで「自分はこれだけやったから大丈夫」という自信になりました。

合格おめでとうございます。では最後に、何か一言お願いします!!

四谷学院に入学しなければ合格できなかっただろうと思うので、本当に感謝しています。ありがとうございました。

△このページのトップへ