MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 石原 悠衣さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2016年合格者[看護医療]

石原 悠衣さん
石原 悠衣さん (県立名古屋西)
  • 名古屋市立大学看護学部

合格のためにやるべきことが明確な55段階と、いつも親身に指導してくれた授業の先生や担任の先生。おかげで化学は30点アップ、総合点は130点以上アップでずっと行きたかった名古屋市立大看護学部に現役合格!

名市大の看護学部に行きたい。でも模試では毎回E判定…。

石原さんはずっと名市の看護を志望していたそうですね。

はい、高校2年生からずっと行きたいと思っていたのですが、模試では毎回E判定ばかりでした。実力テストでも、そもそも問題文の意味すらわからない状態で、本当に実力がないなと感じていました。

55段階のことを知って「これしかない!」と思った。

学力を大きく伸ばさないといけない状況だったんですね。四谷学院に通おうと思ったきっかけは何でしたか?

高校の友達に誘われたからです。それで説明会に参加して55段階の話を聞いて。55段階は入試に必要な範囲を細かく区切って、それを一つひとつ埋めていくことで実力をつけていくことができると言われて、これはやるしかないなと思いました。

「これをやればいい」というのが明確だといいですよね。

はい!あとは、出迎えてくれた受付の人の雰囲気が親しみやすかったのも四谷学院を選んだ理由の1つです。授業の先生方も親身にみてくれそうだなと思ったんです。

親身で頼れる先生がそばにいてくれたのも良かった。

実際、先生たちはどうでしたか?

予想した通り、とても親身に教えてくれました。授業の先生だけでなく、担任の先生も親身に相談に乗ってくれて。私の成績が伸びたときは自分のことのように喜んでくれたので、もっと頑張ろうと思えました。

もう1つ入学のきっかけだった55段階はどうでしたか?

わからないところを1対1で教えてもらえるのが良かったです。集団の授業だと質問したくても、見栄を張って質問に行けなかったと思います。しかも、55段階の先生はただ質問に答えてくれるだけじゃなくて、「テキストの類似問題はこれだから解いて持ってきて」というように関連問題も教えてくれました。

総合点130点以上アップ!伸びの理由は「基礎固め」。

入試に精通した先生だから心強いですよね。成績は上がりましたか?

はい。まず学校の成績が上がりました。数学はクラス順位が真ん中くらいだったのが、1桁常連になりました!

それはすごい!模試はどうでしたか?

模試でも伸びました。苦手だった化学は30点くらい伸びましたし、総合点は480点くらいだったのが、センター試験本番は615点まで伸びました。

130点以上のアップとは!ずばり、成績アップの理由はなんですか?

55段階で基礎から固められたことだと思います。基礎を固めていくことで、解ける問題がぐっと増えたし、勉強も楽しいと思うようになりました。

それでは最後に、後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

四谷学院の先生方はわからないことがあったら助けてくれるし、きちんと相談にも乗ってくれます。心が折れそうになったときはストレスをためず、先生に相談して最後まで諦めずに頑張ってください。

△このページのトップへ