MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 朝倉 めぐみさん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2015年合格者[国公立理系]

2015年 国公立理系 朝倉 めぐみさん
朝倉 めぐみさん (私立雙葉)
  • 東京工業大学第4類

自分で考えて手を動かす。問題へのアプローチが腑に落ちる。ダブル教育の相乗効果で数学の偏差値が50から70に!東工大に現役合格できました!

定期テストは平均以下。授業も模試もわからない。

数学が苦手だったと聞きました。

はい。定期テストは平均以下。学校の授業は早すぎてわからない。模試は制限時間内に解ききれず、とにかく数学に困っていました。

それで四谷学院に?

学校の授業についていけていなかったので、難しいところをやるのではなく、わからないところをフォローしてくれるところを探していたんです。他予備校は大人数で合わなくて。高1の夏に四谷学院に入学しました。

「問題を解く」ことが成功の鍵。テスト結果が90点にアップ。

55段階はいかがでしたか?

55段階はテキストをやればできるようになる。やらないとテストができない。だから、とにかくテキストをやらなきゃと思ってました。問題を解くのは苦手だったんですけど、ちゃんと解くようになって確認もして、わからないことを質問して。高2の頃には学校の授業にもついていけるようになりました。定期テストも90点とれることもあり、平均を割ることはなくなりました。

伸びましたね!「問題を解く」ことの効果を詳しく教えてください。

55段階で頭の中が整理されました。忘れたことも何度か解くと「この間もやったな」って。そのうち、他のわかんない分野でも「これ似ているな」と気づくことが広がったんです。そして書くことに抵抗がなくなりました。55段階は最後の方、難しくなります。それも記述で答えまでたどり着かないといけない。「まずこれをやってみよう」と自分で考えて手を動かせるようになりました。

55段階とクラス授業の相乗効果。数学の偏差値が50から70に!

それはすごい!ではクラス授業はどうでしたか?

55段階では基本的な問題からやっていきますが、クラス授業は入試問題を元にいろんな問題に触れるので、55段階でやったことを「こうやって使うのか」と改めて理解できました。また授業の予習はヒントも答えもないので、自力で考えるトレーニングになりました。そして先生の解説を聞くと、問題へのアプローチが自分の中にだんだん定着します。学校でやる分野を先取りできたりしたのも役立ちましたね。偏差値50だった数学は最終的に70まで上がりました。

合格を知ったときの気持ちは?

ネットで発表を見て「え、あるよね?」とびっくり。嬉しくてほわほわした気持ちで実感はあまりありませんでした。その後も試験を受ける予定があったのですが、東工大に合格したことで一気に必要なくなって。みんなに電話しました!

大学はいかがですか?

楽しいですよ。真面目な人が多くて、みんな空きコマは勉強しています。

さすが東工大!最後に、今後の抱負をお願いいたします。

将来は商品開発などをしたいと思っています。暮らしやすく環境に優しいデザインを考えたい。専門的なことも学びつつ、それ以外のことにも興味をもって、幅広い人間になりたいです!

△このページのトップへ