MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 藤田くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2016年合格者[国公立理系]

藤田
藤田 (県立千葉南)
  • 千葉大学工学部
  • 中央大学理工学部

高3の7月まで忙しい水泳部を続けながらクラス授業と55段階をうまく使い分けて勉強した結果、数学の偏差値39→60、総合偏差値44→58までアップ!出身高校で数年に一度の千葉大理系合格者になりました!

部活を最後までやり切って現役合格もするために…

藤田くんは高3の7月まで水泳部を続け、国立大学にも現役合格。素晴らしいですね!合格の秘訣は何だと思いますか?

現役生は僕と同じく部活をやっている人が多いと思いますが、部活があっても1日1時間でもいいので苦手科目は勉強しておいた方がいいです。引退してから苦手科目をどうにかしようとしても、特に国公立志望の人はかなりきついと思います。

藤田くんは何が苦手科目だったんですか?

僕の場合は数学で、他の教科に比べてずば抜けて悪い成績でした。何を勉強したらいいかもわからない状態だったので四谷学院のクラス授業を受講して、それでできるようになった感じです。

どんなクラス授業でしたか?

すごく理解しやすい授業でした。なんでそこでその手順を踏むのかなどをしっかり教えてもらえたのが良かったです。先生も印象的でした。すごく面白い先生だったので、授業に行くのを苦に思うこともありませんでした。

苦手科目の授業が苦にならなかったのは、克服の近道でしたね。それでは55段階の授業はどうでしたか?

化学が良かったです。化学はすごく覚えることが多くてなかなか厄介な科目ですが、55段階で勉強したことで、化学の覚え方とか、どうしてその計算をするのかというのがよくわかるようになりました。できるようになったところにはスタンプを捺してもらえるので、スタンプがたくさん溜まっている友達に刺激を受けながらどんどん進めることもできました。

数学の偏差値39→60総合偏差値44→58にアップ!

成績は伸びましたか?

かなり伸びました!特に苦手だった数学は偏差値が39→60まで伸びましたし、総合偏差値は44→58まで伸びました!

苦手だった数学が偏差値21も伸びて得意科目に変わっていますね!

はい、でも千葉大はここ1、2年難化していて、入試本番は数学が難しく感じたので正直自信がありませんでした。だから合格発表で自分の受験番号を見つけたときは本当に夢かと思いました。

E判定からの逆転合格!出身高校で数年に一度の快挙!

周りの人にもすごく驚かれたそうですね。

はい!僕の高校では国公立進学者は毎年1桁くらいで、特に千葉大理系は数年に一度くらいしか合格者がいません。僕も最初、高校の担任の先生に千葉大を受けたいと言ったときは難色を示されたし、実際E判定でした。それでも諦めずに勉強し続けて、合格を知らせたときの担任の先生の驚きと祝福はとても嬉しかったです。

最高の結果になりましたね!それでは最後に、後輩のみなさんにメッセージをお願いします。

今の学力が志望校とかけ離れていても諦めないでください。部活があるうちは塾の授業を少なめにしつつも、部活のない時間で少しでも苦手科目をやるようにしてください。いま志望校がE判定でも、合格は可能です!

△このページのトップへ