MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 平澤 魁人くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2016年合格者[国公立理系]

平澤 魁人くん
平澤 魁人くん (北海道札幌南)
  • 北海道大学総合入試理系

高3の7月まで野球部で週6日練習。55段階で1からやり直して基礎を固めたくさん添削してもらって記述力をあげたことで39だった英語の偏差値を55までアップ!

僕は高校3年生の7月まで野球部に所属しており活動は週6日で、勉強はほとんどやっていませんでした。勉強時間は1日0時間のこともあったし、定期テスト前に少しするというような程度でした。そのため、学校の授業についていけない教科もありました。特に英語はほとんどできておらず2年の1月の模試では偏差値39をとったこともあるくらいだったので、1からやり直せる予備校を探していました。そこで、同じ野球部の友人に勧められた55段階であれば、自分に足りていない基礎をやり直せると思ったので四谷学院を選びました。
実際、英語の55段階は基礎固めにとても役立ちました。入学前は何がわからないかがわからないほどでしたが、文法の基礎を埋められ、長文問題を読む機会も多かったので、10月の記述模試では偏差値55まで上がりました。入試前には、志望校別対策問題に取り組んだり、英作文の添削もしてもらえたので、二次試験対策もできました。化学の55段階も取っていましたが、55段階のテキストだけで入試範囲をカバーできました。先生も教え方がとてもわかりやすく、疑問点はすぐに質問できて、納得するまで教えてもらえるところがすばらしかったです。化学は9月のマーク模試で60点でしたが、12月には87点を取ることができました。
四谷学院の自習室に通ったことも成績が伸びた理由です。自習室はとても静かで勉強するのに最適な環境でした。もともとは勉強習慣が無かったのですが、自習室に通って一日の自分のノルマを決めることで習慣付けられました。疲れたときはほっとルームで休憩することもできたし、野球をやっているより肉体的疲労は無かったです。後輩のみなさん。四谷学院に通うということが大事です。55段階は自分のペースでできるので、自分ができる最大限まで予習して授業を受けましょう。そして、ちょっとでもわからないところは先生に質問しましょう。そうすれば、先生が教えてくれます。そうして学力を上げていってください。

△このページのトップへ