MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 松下 真彩さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2015年合格者[国公立文系]

2015年 国公立文系 松下 真彩さん
松下 真彩さん (私立小林聖心女子学院)
  • 京都大学経済学部
  • 早稲田大学国際教養学部

55段階で“理解しながら身につけた基礎力”のおかげで京大レベルの“考えさせる問題”に対応できるようになり、二次試験で戦える“本物の学力”が身につきました。

テスト前に一夜漬けの丸暗記。根本的に勉強法が間違っていた。

現役合格おめでとうございます!

ありがとうございます!どうなることか不安でしたけど、受かって良かったです。とにかくほっとしました。

では、四谷学院に入る前の学習状況から教えてください。

入学前は、定期テストのたびに一夜漬けで丸暗記するようなやり方で勉強していたので、とても京大とかそういうレベルではありませんでした。根本的なやり方が間違っていて、公式や定理などを覚えてはいても、その意味なんかは全く理解していませんでした。

四谷学院に入学を決めたのは、そういった過去の反省からですか?

そうですね。その場凌ぎの勉強しかしてこなかったので、基礎がヌケだらけだということはわかっていました。だから、55段階でもう一度最初から勉強をやり直したいと考えたんです。

基礎を“暗記する”のではなく、“理解しながら”身につける。

実際に55段階を受けてみてどうでしたか?

予想通り、55段階をやってみると、基礎の穴がたくさん見つかったので、それを漏れなく埋めていけたのが良かったです。それに、先生が個別にじっくり解説をしてくれるので、基礎を単なる知識として暗記するのではなく、理解しながら身につけられました。

それは具体的にはどういったことですか?

例えば数学だと公式とか定理を覚えて、それを当てはめて問題を解く、というやり方だと応用問題に対応できません。ちゃんと公式や定理にどんな意味があるのかを理解していないと京大レベルの“考えさせる問題”は解けないんです。55段階の先生はそういう“基礎の理解”を大事にしてじっくり教えてくれたので、二次試験で戦える本物の学力が身についたんだと思います。

京大対策としての55段階は秀逸。貴重な良問に出会う喜びがあった。

その他に55段階で良かったと思うことはありますか?

55段階は、後半になると志望校別に解くテストが違うので、本格的な京大対策の演習ができたのも良かったです。

過去問を解くのとは違いますか?

違います。そもそも過去問を解くだけだと「どの問題を解くべきか」ということがわかりません。一口に京大の問題といっても、受験生が解くべき良問もあれば、そうでないものもありますが、55段階であれば常に「今の自分に必要な良問」に取り組むことができるんです。

「選別」する手間が省けますよね?

そうですね。それに、55段階のテストの中には80年代に出題されたような問題も含まれていて、そういう普通の受験生では遭遇することがないような貴重な良問に出会う喜びがありました。そういったことの積み重ねが本番の試験での最後の武器になりました。

なるほど。では最後に、今後の抱負をお願いします。

私は経済学の中でも会計に興味があるので、将来のことも考えながらその分野の勉強に取り組んでいきたいですね!

△このページのトップへ