MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  合格体験記  >  保護者体験談  >  体験談

保護者体験談

お子様の受験勉強を支えた保護者様の体験談。貴重な情報が満載です。

平松 由莉さん

「他の予備校もしっかり調べて選んだほうがいい」と説明会で言われて感動しました。本人のことを第一に考えてくれる四谷学院にすべてお任せした結果、厳しかった数学の成績も安定。苦手で強化したい科目がある場合は、科目別能力別授業がオススメです。

九州大学医学部医学科合格 平松 由莉さんのお母様

四谷学院に入る前はどんな状況でしたか?

高校は進学校でしたが、成績はいまひとつでした。優秀な生徒さんが大勢いるので仕方ないことではありましたが、特に数学は厳しかったです。大学選びは本人に任せていたので、医学部を目指すことには、私は特に賛成も反対もしませんでした。ただ、医学部の私立大は授業料が非常に高いので、国立にしてほしいとは伝えていました。浪人が決まったときは特に抵抗はなかったのですが、来年は合格してほしいと思っていました。本人はよくわからないのですが、悲観的ではありませんでした。

四谷学院を選んだ理由は何でしたか?

四谷学院は本人から聞いて知りました。同じ高校の卒業生はみんな大手予備校に行っており、そこなら特待生で入れたので、授業料の面で迷いました。最初に四谷学院の説明会に参加して、他の予備校はまだ見ていないとお話したら、校長先生から「会社選びと一緒だから、他の予備校もしっかり調べてどこにするか選んだほうがいい」と言われて感動しました。本人のことを第一に考えてくれており、またよほど四谷学院のシステムに自信があるんだなと思いました。授業料が高い分不利なはずなのに、普通ならこのセリフは言えないなと…(笑)。余裕がある感じで、それがレベル別授業と55段階の良さに基づくものからくるのかもしれないなとも思い、本人の強い希望も考慮してお世話になることにしました。

実際に通い始めて、娘さんの変化はどうでしたか?

数学の成績が安定してきて、模試を受けても数学が足を引っ張ることがなくなりました。科目別レベル別の授業はやはり良いんだなと思いました。また55段階の進行状況お知らせ便りもよかったです。数学がなかなか進まなかったようですが、かえって危機感が出てきて頑張っていたようです。

合格はどのようにお知りになりましたか?

待っていても落ち着かないのでスーパーで買い物をしていたところ、発表を見に行った子どもからの電話で合格を知りました。うちの子は常日頃からテンションが極めて低いので「とおった」の一言だけで、「よかったねえ。四谷に報告に行くっちゃろう?(博多弁)」「うん」「じゃ、気をつけて」…これだけです。
センター自己採点が間違っていなければ大丈夫かなとは思っていましたが、2浪は避けたかったので合格を聞いて本当にほっとしました。

これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージをお願いします。

四谷学院は大学受験のプロなので全部おまかせして、あえてほっておくようにしました。子どもの性格にもよりますが、結果を見る限りうちの子の場合はその方がよかったようです。苦手で強化したい科目がある場合は、四谷学院が合うのではないかと思います。

生徒本人の体験記はこちら

 

△このページのトップへ