MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  合格体験記  >  2017年合格速報「国公立理系」

2017年合格速報

今年も続々と喜びの声が届いています!

  • 国公立理系
  • 国公立文系
  • 私立理系
  • 私立文系
  • 医学
  • 歯学・薬学・農獣医・看護医療

[国公立理系]

深田

東京大学 理科一類合格 深田(国立筑波大学附属駒場)
55段階で満遍なく基本を網羅することで、東大模試で数学の偏差値が88に。基礎がしっかりしていれば、どんな難しい問題でも解答にいたる大きな流れが見えるようになります。

宮本

京都大学 工学部合格 宮本(県立神戸)
四谷学院の授業は質が高くて先生との距離が近く、問題を解く実戦的な力がつきました。55と授業でしっかり基礎から固め、秋の京大模試で連続A判定。一年間努力した甲斐がありました。

高橋

東京大学 理科一類合格 高橋(県立明善)
理転して理系科目はゼロからスタート。55段階は最後まで伸びを感じられるすばらしいシステムです。センターは93.3%、55で直前に学んだ事項が二次に出て、合格を確信しました。

塚本

京都大学 工学部合格 塚本(県立長田)
四谷学院の勉強法を信じ、授業と55段階で繰り返し問題演習を行うことで入試問題の解き方がわかりました。判定がD→Aに、数学は京大模試で偏差値72をマークするまでになりました。

深谷

東京大学 理科一類合格 深谷(高認)
病気で中退し高校の勉強にほとんどふれたことがない私でも55は無理なく取り組め、気がつくと東大A判定。一年で合格できたのは四谷で正しいやり方で勉強できたからだと思います。

植村

北海道大学 水産学部合格 植村(市立堀川)
ポイントが整理されて明快なクラス授業と単元ごとに丁寧に解説してもらえた55段階で、判定はE→Aにアップ。二次直前まで論述や英作文を添削してもらえたのも大きかったです。

羽鹿

東北大学 工学部合格 羽鹿(県立川和)
「ただ公式を覚えるだけ」が四谷学院で「原理からの理解」に変わり、モレのない学力につながったと思います。東北大模試の判定もD→Aに伸び、化学の偏差値は16UPしました。

馬場

名古屋大学 工学部合格 馬場(都立新宿)
55段階では早期に基礎を固め、夏頃より様々な応用問題を演習していくと、10月の記述模試で数学偏差値67.7、物理は67.0、皆さんも四谷学院を信じて頑張ってください!

大出

東京工業大学 第3類合格 大出(私立芝)
四谷学院の特別選抜クラスは少数精鋭のとても贅沢な授業、ハイレベルな先生が質問にもすぐに答えてくれ、難関大に合格するための思考法を徹底した演習の中で伝授してもらえました。

花山

九州大学 芸術工学部合格 花山(私立九州産業大学付属九州産業)
クラス授業では丸暗記ではなく根底から公式を解説してもらえ、55段階の演習で深い理解が得られました。センターは約260点伸び、判定E→Aで合格。本当に感謝しかありません。

寺師

大阪大学 工学部合格 寺師(北海道帯広柏葉)
現役時の判定は良くてD。四谷に入ると55段階で穴がどんどん見つかり、合格スタンプがやる気につながりました。成績はどんどん伸びてセンター合計104点UP、とても嬉しいです!

藤井

神戸大学 工学部合格 藤井(県立奈良)
55段階で、基礎は「簡単という意味ではなく、重要」と気付きました。夏までに基礎を網羅すると模試の成績が上がり、マークは総合176UP。四谷はとても勉強しやすい環境でした。

井上

広島大学 工学部合格 井上(私立洛星)
四谷の先生との距離の近さは、他予備ではあり得ないと思います。詰め込み式で理解できていなかった物理は、クラスの先生との出会いで偏差値44→64に。四谷学院は夢が叶う環境です。

辻

北海道大学 総合入試理系合格 辻(私立世田谷学園)
55段階テキストは必要な内容を網羅してあり一冊極めれば安心。55で質問にはいつでも真摯に答えてもらえ、マーク模試509→本番730に。先生方、熱い授業ありがとうございます。

山本

東北大学 工学部合格 山本(私立市川)
1クラス150人だった一浪目の大手とは異なり、四谷は先生と対話しながらの授業で、難解な内容をていねいにかみ砕いた解説に感動。この一年がなければ今の自分はなかったと思います。

遠藤

九州大学 工学部合格 遠藤(私立ノートルダム清心)
以前も英語は得意だったのですが、四谷に入ってこれまで穴だらけだったことに気づきました。55は英作文も大量に添削してもらえ、英語は偏差値73.9になり自分の武器にできました。

増田

名古屋大学 工学部合格 増田(県立静岡東)
なんと言っても55段階!本当に基礎の基礎から学習し直せ、記述力が高まります。苦手だった数学が、夏の記述模試で偏差値79。四谷学院が敷いてくれたレールに、後は乗っかるだけ!

甲斐

東京工業大学 第4類合格 甲斐(私立城北)
現役時の東工大模試では全科目偏差値40台、今年度はどれも15以上のび、化学は47→72、判定E→A。55での基本の網羅が、問題を見た瞬間の「第一手のひらめき」になりました。

米澤

大阪大学 理学部合格 米澤(高認)
高認からの受験挑戦で、数Ⅲはおろか数Ⅱの微積分もゼロからのスタート。授業で解法をおそわり55段階で演習、をひたすらつづけて阪大合格。四谷学院の一年なら、この合格も必然です。

中村

広島大学 工学部合格 中村(私立修道)
苦手だった物理電磁気、授業の先生は「そこは暗記」ではなく根本から理解できるよう解説してくださいました。センター総合点150UPでE判定から広大合格。四谷学院でよかったです。

稲田

北海道大学 総合入試理系合格 稲田(府立高津)
解答を見るだけではわからない高得点答案の完成法を、55段階の先生から教わりました。授業の先生も質問に丁寧に答えてくださりました。先生方に合格を報告できてとても嬉しいです。

酒田

東北大学 工学部合格 酒田(県立釜石)
授業はハイレベルな内容を明快に教えてくださり毎日が楽しかったです。55の先生は丁寧な添削で志望校レベルを引き上げてくださり、東北大A判定、そして合格。ありがとうございます!

畑野

名古屋大学 工学部合格 畑野(県立刈谷)
成績が伸びた理由は四谷で基礎からやり直したからだと思います。55段階では単なる採点ではなく記述のポイントや別解の解説を受けることができ、本番での答案作成に活きました。

椎原

九州大学 工学部合格 椎原(県立宗像)
55段階で基礎から復習し、わからないところはすぐ質問できたのが良かったです。授業も面白く、数学は偏差値51→68、物理は54→69。ここまで頑張れたのは四谷のおかげです!

丸山

東京工業大学 第5類合格 丸山(私立浅野)
ありえないほど苦手だった英語が、四谷学院の授業で見え方が大きく変わりました。東工大模試で英語の偏差値67、判定はE→Aに。成績の上げ方を教えてくれた四谷の先生に感謝です。

深川

広島大学 生物生産学部合格 深川(私立広島国際学院)
自分の弱点がわからず成績が伸びなかった入学前。「できるつもり」の穴に55で気づけたのが成績が伸びた理由です。質問しやすい環境で学習でき、英語の点数は約70点伸びました。

大宮

北海道大学 総合入試理系合格 大宮(県立静岡)
授業で学んだことを55で演習することで、知識をしっかり定着させることができ、英語は偏差値50→62、化学は55→68。先生が身近にいることが学習意欲を保つ要因になりました。

髙橋

東北大学 工学部合格 髙橋(県立仙台第三)
55段階を受けてみて細かい知識のスキマが埋まるのを実感、応用問題も網羅してありすばらしいシステムでした。授業の質も感動的で、特に理科は解説がとてもわかりやすかったです。

山中

名古屋大学 工学部合格 山中(県立岐阜)
最初「こんなところから?」と思った55段階、先に進むにつれ手ごたえが増し、日々の成長を感じられました。判定はE→Aに、センター合計157点UP。四谷で頑張ってよかったです。

山岸

九州大学 工学部合格 山岸(県立修猷館)
55と授業のサイクルで基礎をしっかりと定着させると、現役時に歯が立たなかった二次数学が案外スラスラとけて驚きました。センターも総合で189UP。一年間頑張ってよかった!

森

東京工業大学 第7類合格 森(県立千葉東)
最初は簡単だった55段階、応用に進んだとき「必要なのは飛びぬけた発想ではなく基礎に分解する力だ」と気づけ、東工大模試でA判定。高校の先生に「お前が東工大!」と驚かれました。

尾形

東北大学 工学部合格 尾形(県立仙台二華)
以前姉が通っていたこともあって四谷に入学。選りすぐりの良問を演習、添削解説をその場で受けて後日復習、のサイクルで、志望校判定はD→Aに。四谷学院を選んで良かったです。

平賀

広島大学 理学部合格 平賀(市立基町)
クラス授業の解説は的確かつ丁寧、55段階は学習事項を圧倒的な演習量で定着できます。高校時代は選択していなかった生物は、最高偏差値78に。ここまで伸びたのは四谷のおかげです。

大内

北海道大学 総合入試理系合格 大内(私立北海)
今年度より理転、数Ⅲと化学は四谷で一から始めました。55段階を活用して基礎から学習し、数学は途中でクラスアップ。55でとにかくいっぱい質問して、一年で合格を勝ち取りました。

ご紹介しているのは合格報告の内ほんの一部です!今後も続々追加予定!

  • 国公立理系
  • 国公立文系
  • 私立理系
  • 私立文系
  • 医学
  • 歯学・薬学・農獣医・看護医療

△このページのトップへ