MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  京大入試問題の真実

京大入試問題の真実

京都大学に合格するために、必要な能力を把握する。
そしてその能力を、独自のシステムで合理的に着実に身につけていく。
だから四谷学院は、京大にも強かった。

四谷学院には
京大合格への
独自の方法論がある。
  • クリックで拡大
  • クリックで拡大
京大へと進化を遂げた
先輩たちの声
  • クリックで拡大
  • クリックで拡大

※ご覧いただくにはAdobe Reader(無償でダウンロードいただけます)が必要です。

京大入試に必要な学力とは?

京大入試において必要な能力は、次の2つに集約される。1.直観力 2.記述力

例を見ながら解説しましょう。

2012年度 京大前期試験 数学

まず直観力。

京大の入試問題は、特に数学に顕著ですが、手がかりの見えにくい問題が多い。 すべての問題が難問のみで固められているわけではなく比較的平易な出題も中にはありますが、難しい問題では、その難しさは多くの場合「類題を見たことがないから、単純にパターンを当てはめることができない」点にあります。
本問など「同じような問題を解いたことがある」人はまずいないでしょう。
パターンをできるだけ多く覚えて問題に当てはめる、「入試数学は暗記科目」という俗説から最も遠いところにあるのが京大の数学である、と言っても良い。
「自ら考え、新しい知を吸収し創造する姿勢を持つ人」(理学部アドミッションポリシーより)を望む京都大学の入試として、それはごく当然のことでしょう。

さて、「直観力」というと「センス」「ひらめき」「回転の速さ」というイメージと結びつきがちかもしれないが、ここで述べている直観力とは単なる「パッと見で分かる頭の良さ」ではありません。
京大入試の場合、問題に枝葉が少ない分、問題と四つに組み合ってさまざまに試行錯誤することができる。 図を描き、計算し、いろいろな思いつきを試してみる中で、「ひょっとするとこうすればうまくいくのではないか?」という発想をひねり出す力、それがここでいう「直観力」です。

この直観力の基になるのが、原理原則に対する理解の深さです。
君たちは中学~高1の段階で、円周角の定理とその逆、および三角形の辺と角についての大小関係を既に学習している。
その学習事項が単なる表面的な知識ではなく、「なぜそうなるのか」という原理からの理解と結びついていなければ、(q) に対して「成り立たないケースがありそうだ」と感じ、反例を見つけることは難しいでしょう。
原理原則から深く理解しようとする姿勢をもつことが、京大合格への第一歩です。

さらに、こうした「ねばり強い思考力から導かれる直観」を引き出す上では、単に「解答解説を聞いて理解する」という受身の姿勢での学習はほとんど効果がないといってよい。
「問題の解法を聞いて(読んで)理解する」という過程において、あなたの脳は何一つ新しいものを生み出す努力をしていません。 いかに華麗な解法に見えようとも、そこにあるのは単なる「答案の標本」です。
どんなに泥臭く垢抜けない方法であろうとも、自分の力で解答をつむぎ出そうとする努力、これこそがトレーニングとして価値があるものです。

四谷学院のクラス授業の最大の特徴は、授業があなたと講師との間の対話を軸に進行していくということです。
まず問題を見て、しかる後、

・何が分かって、何が分からないか
・何が使えそうか
・実際にやってみたらどうなるか
・見落としはないか

といったやり取りを講師と何度も繰り返しながら、あなたは自分自身の答案を作り上げていきます。
生徒が誰であろうが同じ内容となる授業では、京大対策としての価値はない。
「あなたが京大に合格するための授業」を、あなたと講師が共同して作り上げるのです。

次に、記述力です。

ことに要求されるのは、論理的に書く力。
「論証の京大」という言葉が昔からあるほどで、京大の数学では証明問題が好んで出題されますが、事は証明問題のみに限られない。
「単に答えが合っていれば良い」という態度が京大の求めるものでないことはいうまでもありませんが、マークシート型での得点は高いが記述力がお粗末、という受験生は極めて多い。
単に数式のみ羅列してあり、日本語での説明や式と式の間の接続詞が抜けていて、前の式と後の式の関係が必要十分なのかそうでないのか、どのタイミングでどう場合分けしているのかさっぱり分からない。
「読み手が理解できるように言葉をつくす」という基本姿勢ができていないのです。これは、数学のみに限った話ではもちろんありません。

記述力を磨くための唯一の方法、それは書くこと、そして手直しを受けることです。
直観力を磨くこと同様、単に人が作った答案を眺めていても、自分の答案をどう書くべきかは一切分かりません。
基本となる書き方を学んだ上で、実際に書き、その上で不適切な箇所、不足している言葉を専門的な視点から指摘してもらうことです。

四谷学院の55 段階個別指導は、この「書く」→「手直し」を徹底して行うシステムです。
各科目の専門家である55 段階個別指導講師が一切の妥協なくあなたの答案をチェックし、直接あなたにアドバイスします。
豊富な問題演習を単なるやりっぱなしにさせない55 段階こそ、記述力向上のための最短の道筋を提示します。

四谷学院のクラス授業と55 段階は、突き詰めて言えば、「あなたが京大に受かるためのシステム」です。
生徒一人ひとりが主役となって、一人ひとりの学力を伸ばすようにカスタマイズされるシステム。このようなシステムは、他にはありません

京大対策クラスのご案内

四谷学院では、全ての校舎で上記指導方針のもと京大対策授業を行っています。京大対策は入学後に実施されるクラス分けテストの結果、最上位クラスである【特別選抜クラス】に認定された方が対象となります。
梅田校・京都校には、「京大特選Vクラス」(高3生)も設置しています。京大特選Vクラス希望者は、入学前に認定テストを受験していただいています。ご希望の方は下記フォームより、認定テストをご予約ください。

  • 高卒生対象 京大をめざす方のための特別選抜クラス
  • 新高3生対象 京大をめざす方のための特別選抜クラス
  • 新高3生対象 京大特選Vクラス

△このページのトップへ