MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ  >  2020年度入試制度はこう変わる!

2020年度入試制度は
こう変わる!

入試制度改革で問われる新しい学力

ダブル教育だから身につく本物の学力

2019年度に高校2年生となる皆さんは、2年後の2020年度に実施される「2021年度大学入試」で、新たなシステムのもとで大学入試を受けることになります。

  • センター試験の廃止とそれに伴う新試験(「大学入学共通テスト」)の実施
  • 英語の四技能(Listening, Speaking, Reading, Writing)評価とそのための民間試験の活用

生徒さんおよび保護者の皆様には、不安を感じていらっしゃる方が多いことでしょう。現時点では、具体的な実施のしかたや実際にどのようなテストが行われるかは不透明な部分が多い状態です。これから決まっていくことが多くまだ全体像がはっきり見えてこない新入試制度ですが、ここで押さえるべきポイントは、「文部科学省はどのような観点から入試制度改革を行っているのか」ということです。文部科学省は、今回の制度改革において、次のような「学力観」をその基盤としています。

  1. 十分な知識・技能
  2. それらを基礎にして答えが一つに定まらない問題に自ら解を見出していく思考力・判断力・表現力等の能力
  3. これらの基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

これらを「学力の3要素」と呼び、従来の高校での指導および大学入試においては①の知識や技能に重点が置かれすぎており、②の思考力・判断力・表現力、および③の主体性を持って他者とともに学ぶ態度の養成が不十分であったとして、今回の入試制度改革を推し進めているのです。

このような学力観のもとに立ったときに、
どのような方針で新高2の皆さんは学習を進めていくべきでしょうか?

文部科学省がまず第一に挙げている通り、「十分な知識や技能」の重要性が失われたわけではまったくありません。大事なことは、単に知識量を競うのではなく、②にあるように思考力・判断力・表現力を育てるための基盤としての知識・技能が求められているということです。そこで必要なのは「なぜそうなのか」という原理からの理解と、その理解を基にした実戦的な応用力を、並列的に育て上げていくことです。

③に挙げられている「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」は、これまでの学力観では注目されていなかった観点でしょう。すでに発表されている小中学校の次期学習指導要領においては、「主体的・対話的で深い学び」というキーワードが提示されています。学びの姿勢として、与えられた知識をただ受動的に受け取るのではなく、自ら積極的に関心をもち、他者とのコミュニケーションを通じて知識を獲得し、さらに関心を深めていく、といった学習姿勢を重視しています。

以上の観点から見れば、四谷学院のダブル教育のもつ意義を再確認することができます。まず、知識・技能を原理から理解するクラス授業と、その実践の場としての55段階個別指導の連携は、他の予備校・塾にはないものです。表面的な理解ではなく根本からの理解、そしてそれを実際に運用する中で、

  • いかに解答を発想するか
  • どのように知識・技能を組み合わせるか
  • 答案の中に自分の思考をどのように表現するか

が、講師との1対1の会話の中で磨かれていきます。新テストにおける数学・国語での記述試験の導入は今回の改革の大きな目玉ですが、四谷学院では以前から55段階の中で徹底した記述指導を行ってきました。飛躍的な学力向上およびあまたの難関合格を実現してきたのは、この55段階における記述指導が大きな要因の一つです。

主体性を持って学ぶ態度は、実際の学習現場の中で
「他者との直接的なコミュニケーションを実践する中でのみ」培っていくことができます。

他者との直接的なコミュニケーションのイメージ画像鍵をにぎるのは「質問力」です。日本の大学生の特徴として「講義中に促しても質問することができない」ということがよく言われます。質問することが対話による学力向上のための第一関門であり、質問する側と質問される側が協働してコミュニケーションをとることによって双方がともに成長していくきっかけとなります。
四谷学院では、クラス授業・55段階ともに、講師と生徒が直接質問と回答のやりとりを行うことで「主体的・対話的で深い学び」を実践することができます。このことは映像を通じた学習では絶対に達成できません。

入試制度改革のもう一つの特徴は、英語の民間検定試験を活用した四技能評価の導入です。これにより、Reading,Listeningという受動的なスキルから、Writing, Speakingという能動的なスキルまで、「実際にコミュニケーションで使える英語力」を身につけることが必要になります。この目的を達成する上で、四谷学院が実践する「講師と生徒の1対1でのコミュニケーション」が理想的なものであることは言うまでもないでしょう。
講師の直接指導が必要不可欠なWriting, Speakingはもちろんのこと、Reading, Listeningも含めた四技能すべてについて55段階個別指導を通して対策することで、「英語の運用力」をトータルに伸ばしていくことができます。

小手先の試験対策ではない、根本からの学力向上が新試験対応には必要です。その準備を、今から四谷学院でスタートしてください。

四谷学院独自の「英語カリキュラム」で万全の対策を

英語四技能の総合力が問われる新制度入試

新入試制度の大きな特徴が英語の四技能(Listening, Speaking, Reading, Writing)評価です。従来の大学入試においては、Reading(英文読解)に評価の力点が大きく偏っており、ListeningおよびWritingが附随的に要求され、Speakingは基本問われない、というのが実情でした。これが、センター試験に代わる新テストの導入に際し、民間の資格試験を利用することでSpeakingについても大学入試において評価されることになります。

このような話を聞くと、「これまでの高校カリキュラムではいまだに役に立たない文法ばかり教えていて、会話のための英語を指導していなかったんだな」と思われるかもしれません。しかし、その実態は大きく異なります。現行の高校での英語指導はすでに「訳読中心」から離れ、「聞く、話す」を軸とする指導に方針転換しています。そのことは、現在の学習指導要領の次の記載にもはっきりと表れています。

英語に関する各科目については、その特質にかんがみ、生徒が英語に触れる機会を充実するとともに、授業を実際のコミュニケーションの場面とするため、授業は英語で行うことを基本とする。その際、生徒の理解の程度に応じた英語を用いるよう十分配慮するものとする。

この「聞く、話す」を軸に据えた高校の英語教育は、「最近そうなった」というわけではありません。すでに20年以上はこの方針のもとに進められており、その流れをはっきりと明確にしたのが上記の「英語で授業する」という現在の指導要領なのです。その結果として、このような教育を受けて高校を卒業した生徒の英語力が大きく上昇したかというと、実際にはそうなっていません。平成29年度の文科省調査によると、普通科に通う高3生で英検準2級程度(高校中級レベル)の英語力をもつ生徒の割合は約4割に留まっています。さらに言えば、大学生の英語能力についてはむしろ

  • 読み書き能力の低下
  • 文法知識の欠如

が起こっており、「聞く、話す」能力についての向上もみられないという意見すら、大学側からは見られます。「聞く、話す」に過剰に傾斜して語彙力を初めとする英語理解に必要な知識の導入が行われなければ、こうなるのも必然の経過といえるでしょう。

必要なのは、四技能習得にいたる学習内容のロードマップです。

四技能習得にいたる学習内容のロードマップのイメージ画像英語話者の下に育った幼児が自然と英語を話せるようになることと、高校生が第二言語として英語を獲得していくことは、おのずとプロセスが異なります。英語のインプット(Listening, Reading)を十分に確保し、英語を基にした思考回路を形成しながら、英語のアウトプット(Speaking, Writing)を行っていくことが必要なのです。

四谷学院では、この四技能を習得するため次の学習プログラムを用意しています。

  • クラス授業(文法・読解・作文)
  • 55段階制個別指導(文法・読解・作文・スピーキング)
  • 55段階演習教材(英単熟語・リスニング)

基本となる語彙や英語の文章構成および耳からの英語の取り入れを並行して行い、その上でアウトプット、話すことおよび書くことを、55段階での対面指導の中で行っていきます。ここで重要なのは「一人ひとりの到達段階に応じたアウトプットの指導」です。インプット以上に、アウトプットについては生徒それぞれに応じた指導をしています。
具体的には、

  • アウトプットする方法の伝授
  • 実際にアウトプットしたものがどの程度的確なものであるかの説明
  • どこを修正すればアウトプットする力が向上するかという改善案の提示

これらを指導の中で行っていく必要があります。全員一律ではない、一人ひとりの到達段階に合ったトータルな英語指導が実現できるのは、ダブル教育の四谷学院だからこそなのです。

四谷学院の四技能対策
  • Reading
    1. クラス
    2. 55
    3. 演習
  • Writing
    1. クラス
    2. 55
    3. 演習
  • Listening
    1. 55
    2. 演習
  • Speaking
    1. 55
    2. 演習
民間の英語検定試験対策について

国立大学を志望する人は、大学別の二次試験以外に、センター試験の後継となる共通テストと、大学入試センターが認定した民間の英語検定試験の両方を受験する必要があります。すでに、一部の国立大学では、出願資格に検定試験でCEFR A2以上の成績取得を課したり、検定試験の成績を共通テストの外国語に加点したりする形で活用することを公表しています。また、私立大学でも一般選抜試験に検定試験の結果を活用する、と公表している大学もあります。
四谷学院では、これらの検定試験の中で受験者の特に多い、英検やGTECについて講習期間に集中トレーニング講座を設定し、試験への対応力を養成します。
検定試験には明確な特徴と傾向があるため、事前の対策の有無が成績を左右します。高3生になって初めて受験するということでは、思うような結果を残せない可能性があります。
普段の英語学習に加えて、検定試験受験前に対策講座を受講することで、これらの検定試験への対策も盤石にすることができます。

△このページのトップへ