たった2ヶ月で高2までの弱点を総点検&克服 合格先駆け講座

高2以外の方へ→通常コース案内はこちら

2021年合格校 東京大学/京都大学/早稲田大学/慶應義塾大学/一橋大学/東京工業大学/北海道大学/東北大学/名古屋大学/大阪大学/神戸大学/広島大学/九州大学/上智大学/ICU/同志社大学/立命館大学 他546校

お近くの校舎をお探しの方はこちらから

合格先駆け講座とは?

高2までの学力に不安があったり、部活などで受験勉強へのシフトが遅れているといった高2生には、ぜひ受けていただきたい講座です。

実は、現役合格者の約65%が、高2の冬までに受験対策を始めています。

でも、あせる必要はありません。たった2ヶ月間で高校2年生までの内容をコンパクトに総復習!弱点を徹底点検し、確実にランクUP!高3から好スタートを切って周りに差をつける!それが、合格先駆け講座です。

お近くの校舎をお探しの方はこちらから

まずは!合格先駆け講座で、現役合格した先輩達の声をご紹介します。

本当に取っておいてよかった!3年生になってから合格先駆け講座に何度感謝したかわかりません!

私は英語と数学を取ったのですが、どちらも非常に有意義でした。普段のクラス授業と併用しても負担なく受けることができ、濃密な授業に集中力を切らさずついていくことができました。授業の内容もとても良く、3年生になってから合格先駆け講座でやっておいたことに何度感謝したかわかりません。本当に取っておいてよかったと思う講座でした。京都大学文学部合格 渡辺さん

京大の判定がA判定にアップ!!

受講後の模試で英語が30点アップの192点に!少しだけ早く受験勉強をスタートすることでみんなに差をつけることができました!

みんなが高3の4月から本格的に受験勉強を始めるなか、早めにスタートして差をつけたいと思い、合格先駆け講座を受講しました。期待していた通り、合格先駆け講座で身につけたことは、その後の受験勉強で大きなアドバンテージになりました。実際、講座を受け始めたころは162点だった英語のマーク模試が、3ヵ月後の模試では192点に。さらに、その後の勉強もスムーズに進み、最終的に総合偏差値が47.5→67.0までアップしました。慶應義塾大学文学部 合格 相馬くん

受講後、英語が192点にアップ!

総合偏差値50台→60超え!この講座で身についた勉強の「土台」は、その後の入試問題で使うことができました。

高2の頃の実力では到底早稲田に及ばなかったので、周りのライバルに少しでも差をつけたいと思い、英語・物理・化学の講座を受講しました。どの講座でも問題を解くための「土台」を身につけることができ、その後の応用問題や入試問題で使うことができました。結果、50前半だった総合偏差値は60を超えるように。高3までに周りと差をつけておきたい・高3からの勉強を有利に進めたいという人には、合格先駆け講座がお勧めです。早稲田大学基幹理工学部 合格 遠藤くん

総合偏差値が60の壁を突破!

東京大学文科二類合格 中川さんに、さらに!詳しく聞いてみました!

Q.四谷学院の合格先駆け講座を受講しようと思ったきっかけは?
国立を志望する生徒の8割くらいが受けていると聞いたためです。私も本格的な受験勉強が始まる前に弱点をなくしておきたかったので、一番苦手だった数学と、化学基礎の勉強も高2のうちにやっておきたいと思って受講しました。
Q.受講後は何か変化がありましたか?
数学は高3で東大模試の偏差値が49→61まで伸びたのですが、合格先駆け講座を受けておいたことが伸びの原動力になったと思います。化学基礎はほぼこの講座でしか勉強していませんが、劇的に伸びました。それまでは模試で50点満点中30~35点くらいだったのが、模試でも本番でもほぼ満点を取れるようになりました!
Q.実際に受講してみてどうでしたか?
数学は解き方のレパートリーが増えました!解けなくてドツボにはまったときの逃げ道を見つけられるようになったのが大きかったです。化学は小手先のテクニックだけでなく、本質的な解き方を習うことができました。おかげで高3では化学基礎に時間を取られずに済みました。
Q.どんな人にお勧めですか?
数学は難関校を受ける人や、数学的思考力をつけたい人にお勧めです。化学は基礎のみ必要な人にもお勧めしたいですね。本質的な勉強ができるし、実際私はこのタイミングしかやる暇がなかったです。
Q.最後に後輩にメッセージをお願いします。
高2のこの時期は、主要教科の基礎固めは絶対にしておくべきです。そして、進学校でない人や自分の学力に自信がない人も、本当に行きたい大学を目指すようにしてください。本気で目指していれば、四谷学院の先生方は必ず全力で背中を押してくれます。

お近くの校舎をお探しの方はこちらから

弱点を克服して得点UP!!合格先駆け講座3つのポイント

ポイント1 たった2ヶ月で高2までの弱点を総点検

主要3教科について高校2年生までの内容をコンパクトに総復習。弱点をつぶしながら定着を図ります。

1日60分×2コマ×8週、計16時間の効率学習

忙しい高校生活と両立できる効率のよいスケジュールです。無理、無駄なく学習でき、受験勉強の計画性も身につきます。

体系的に基礎を学べる独自カリキュラム

教科書レベルの基礎的な問題から入試レベルの問題まで取り上げ、その基礎となる公式や定義、文法といった基礎原理の理解に重点を置きます。応用問題も基礎の組み合わせです。暗記主体ではなく、つねに考え方を理解することを基礎にします。

ポイント2 理解度に合わせたクラス分け

生徒一人ひとりに合った科目別能力別のクラス分けなので、それぞれの理解度に合わせて着実に弱点を補強し、強化できます。

英語 英文法徹底基礎演習ゼミ:基本となる英文法の頻出分野の徹底理解。 英文法・解釈マスターゼミ:標準レベルの大学を意識した学習。 英文読解集中トレーニングゼミ:難関大学の問題を攻略できる実力を養成。

国語 現代文実力養成ゼミ:読解演習を重ねながら、実戦力を養う。 古文実力養成ゼミ(標準クラス):文法事項の基本をおさえて、読解力をつける。 古文実力養成ゼミ(上級クラス):入試古文の力となる、敬語の基礎まで先取り学習。

数学 数学再スタートゼミ:数学の公式の仕組みの理解へ。 数学テーマ別攻略ゼミ:共通テスト必出分野を原理からマスター。 数学ⅠAⅡB総合ゼミ:私大難関?国公立レベルへ。

物理マスターゼミ:力学を根本から理解する。 化学マスターゼミ:化学基礎の内容を総復習。

受験のプロ講師陣による対話型の授業

大教室で大人数の授業形式ではなく、プロの熟練した講師が生徒一人ひとりの顔を見ながら、それぞれの理解度を把握しながら進めるので、着実に弱点を補強し、強化できます。講師との距離も近いので、不明点も納得のいくまで確認できます。

「問いかけ」を大切にした、一人ひとりの生徒に合った指導。

クラス授業で心がけていることは、生徒に対する「問いかけ」ですね。それは、生徒の理解がどの程度のものなのかを知るために欠かせません。たとえ正しい答えを出しても、その問題から少し離れて、別の質問をしてみます。生徒は驚きますが、そういった問いかけを通して、初めて一人ひとりの正確な理解度が把握できるのです。このように、	生徒の学力をできるだけ細かく分析した上で、それぞれの生徒に合った指導をしていきます。どんな科目であっても、まず自分が何をわかっていないのかをはっきりさせることが大事です。合格先駆け講座で、皆さんが「わかったつもり」になっていることを、本当に「わかった」状態に変えていきます。ひとつの問題でいくつもの知識が身につく立体的な教え方をすることによって、皆さんが効率的に学習できる授業をお届けしますよ。

授業の様子

しかも、充実した教材とシステムで効率的な学習をサポート!
スマホ教材 スマホ教材なら、電車移動などのスキマ時間もラクラク学習できます!
自習室 静かで快適な空間で勉強できる自習室。月~土曜日は夜9時まで利用でき、日曜日も開いているので、いつでも自習ができます。※休館日を除く
無料の映像視聴 学校行事や部活でクラス授業を遅刻・欠席した場合は、後日、好きな時間に授業の録画映像を個別に視聴できます。

お近くの校舎をお探しの方はこちらから

組み合わせてさらに実力アップ!完全マスターにつなげる「55段階R個別指導」もご用意しました。

55段階Rとは?
自分で問題を解いて、本番の試験と同じように答案を作る。
答案を試験のプロが精査し、学力の穴を厳しくチェックする。
プロ講師から1対1で解説を受け、その場で穴をふさぐ
試験本番での得点力が確実にアップ!

学習設備 環境

  • 先生との距離が近い教室
  • 順番待ちの心配不要自習室
  • 遅刻・欠席も安心フォロー映像視聴
  • 赤本もいっぱい入試情報コーナー
  • 気持ちをリフレッシュほっとルーム

新型コロナウイルスの感染予防について

新型コロナウイルスの感染予防について

四谷学院で行っているウイルス感染予防のための取り組みを一部ご紹介いたします。

  • サーモグラフィー

    校舎受付にもサーモグラフィーおよび非接触型体温計を用意し、随時発熱チェックを行っています。

  • アクリル板を設置

    55段階個別指導および完全個別指導は、アクリル板またはビニールカーテンを設置し、不織布マスクを着用して指導します。

  • 消毒液を配置

    手指用のアルコール消毒液(濃度77%で病院でも使用されているもの)を受付や教室に設置しています。

  • 勤前の検温

    職員は平熱であることを確認の上、不織布マスクを着用して勤務しています。

  • 手指のアルコール消毒

    教室入り口にはアルコール消毒液および机や椅子の除菌グッズを設置しています。ご自由にご利用ください。

  • 消毒の様子

    一日複数回、高頻度接触部位(テーブル、椅子の背もたれ、ドアノブ、タッチパネル、蛇口、手すり、エレベーターのボタンなど)を消毒しています。

1/17(月) ~開講!先着順申込受付中!

さあ、あなたも合格先駆け講座で高2までの弱点を総点検&克服しませんか?

まずは資料請求、または受講相談を!

お電話での資料請求 0120-428255