MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 足立くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[国公立文系]

足立
足立 (私立清風南海)
  • 京都大学法学部
  • 同志社大学法学部

他予備校では別の志望校を勧められたものの、中学から憧れていた京都大学に現役合格!!基礎固め×演習×志望校対策ができるダブル教育のおかげで最高に充実した高校生活を送ることができました。

中学生のときから行きたかった京大。他塾では別のコースを勧められた。

足立くんは中学生の頃から京大を考えていたそうですね?

はい。漠然とですが「京大法学部」と決めていました。でも、他の予備校では模試の判定が京大クラスに足りなくて阪大クラスを勧められ、自分は京大しかめざしていなかったのでちょっと違うなと。

入学時に志望校を決められてしまうのはつらいですよね。

高3の初めまでサッカー部を続けていたので、正直全く勉強していなかったこともあるのですが…。だからこそ、55段階で基礎を固めてクラス授業で演習できるダブル教育はとても良かったです。

55段階で培った基礎力が京大に必要な発想力につながった!

55段階は具体的にどのようなところが良かったですか?

徹底的に基礎固めをして、苦手箇所を潰せる点です。最初は「こんなところからやって意味あるのかな?」と思っていました。けれど直前期に最後の演習をしていてその基礎が無意識にパッと出てきたとき、初めて基礎を定着させる重要性に気がつきました。55段階で最初に思考の土台を作ったことが、京大入試に必要な発想力につながったと思います。

志望校対策に特化したクラス授業。「この授業は大事にせなあかん!」

クラス授業はどうでしたか?

どの先生もホンマにわかりやすくて、京大の形に合ったテキストで京大の問題に慣れることができ、「この授業を大事にせなあかん!」と思える内容でした。質の高い授業の予習復習をこなすことで、自然と力がついていきました。

特に良かった教科はありますか?

国語です。現代文は今まで自分の感覚を頼りにしてきた部分があったので、授業で考え方が変わってびっくりしました。文章の基本から教えてもらえたので、「何となくできた」ではなく根拠と自信を持って解答できるようになりました。授業で習った解き方が染みついていたおかげで、二次試験でも普段通りに解くことができて良かったです。

部活も勉強も大満足!最高の高校生活を送れました!!

全体的な感触はどうでしたか?

正直受かるなと思っていたので、周りに「絶対受かった」と言っていました。あまりにも自信満々だったので、母は逆に心配していましたが(笑)。

それくらい試験の出来が良かったということですね(笑)。

それでも合格を知ったときには喜びが爆発しました。ずっとサッカーを続けてきて、最後の大会でも納得のいく結果を残すことができましたし、憧れの京都大学に現役合格できたことは本当に嬉しかったです。最高の高校生活でした!!

中学生のときからの志望校ですものね!本当におめでとうございました。最後に将来の展望をどうぞ。

これからは京大独自の自由な校風の中で興味のある法律を中心に勉強し、将来は弁護士や裁判官などになって活躍したいと思っています!

△このページのトップへ