MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 野村くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[国公立文系]

野村
野村 (高認)
  • 一橋大学経済学部
  • 中央大学経済学部
  • 青山学院大学経済学部
  • 明治大学法学部

総合点が100点近くアップして一橋に合格!!先生と1対1で学べる55段階とやる気の出るクラス授業。カリキュラムに乗っただけで勝手に学力が伸びていきました。挽回したいと思っているなら、四谷学院がお勧めです。

勉強にブランクがあっても四谷学院なら頑張れる気がした。

四谷学院に入学した決め手は何ですか?

元々はオーストラリアに住んでいて、帰国してから勉強に少しブランクがありました。勉強は白紙状態だったので、集団授業だけだと集中できなさそうでしたが、55段階なら先生と1対1なので緊張感を持って集中できると思ったのと、自分のペースで進められるのが魅力的だったからです。

カリキュラムに乗っていけば、勝手に学力が伸びた。

そうでしたか!ブランクがあっての受験勉強は大変なことも多かったのではないでしょうか?

そうですね……。僕は最初は高認からのスタートで、特に数学が苦手でなかなか進められませんでした。でも、自分のペースで進められたので、諦めず続けられたと思います。それに、クラス授業が本当にやる気を維持させてくれる授業で……!集中力が切れにくく、カリキュラムに乗っていけば勝手に伸びていきました。おかげで、夏休み前の5月下旬頃には点数も上がり、基礎固めができました!

順調に学力が伸びたのですね!授業に真剣に取りくむことはもちろん、他にも学力が伸びた秘訣はありますか?

はい、学力が伸びたのは、復習に力を入れたからだと思っています。休み時間も惜しんで勉強するくらいで、その日の復習はその日のうちに終わらせて、その後次の日の準備をしてから家に帰るというスタイルで勉強していました。

総合点は約100点アップ!念願の一橋大学に合格できた!

「復習」は学んだことを定着させるために欠かせませんね。加えて、予習をすることで授業が頭に入りやすくなりますよね。

本当に、その通りだと思います。そうやって勉強を重ねた結果、センター試験の総合点は674/950点から770/950点へと、96点もアップしました!高3の夏から行きたいと思っていた一橋に合格できて、とても嬉しいです。

「私は行けると思っている」担任の先生の言葉に励まされた。

大きく伸びましたね!本番や合格を知ったときはどんな気持ちでしたか?

直前期に担任の先生が「私は行けると思っているから」と言ってくれて励まされました。迎えた本番では、英語で四谷学院でやったのと同じような問題が出てきたんです。国語でも試験に四谷学院の授業がすごく活きて。それで、ただただ「この大学に絶対合格したい」と思いました。合格を知ったときは信じられなくて、悩んでいた時期も無駄にはならなかったと思いました。

見事、合格を勝ちとりましたね!受験を振り返っての感想などありますか?

勉強は良い大学に入るためだけではなく、視野や選択肢を広げてくれるので、勉強の面白さ・価値はそこにあると思います。基礎が固まっていないと自覚している人、挽回しようと思っている人には、四谷学院はお勧めです。やっぱりだめかもと思っても、その日にできることを積み重ねれば可能性は広がると思います。

△このページのトップへ