MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 保護者体験談(口コミ・評判) > 斉藤くんのお母様

保護者体験談(口コミ・評判)

お子様の受験勉強を支えた保護者様からの口コミ・評判をご紹介します。貴重な情報が満載です。

最後まで部活をしながら、現役で名大に合格!苦手科目を段階的に確認しながら進めていく55段階は、息子にとって大きな自信になりました。「本人の意思を尊重した予備校選び」が成功の鍵です。

名古屋大学情報学部合格 

入学前に悩んでいらしたことは何ですか?

部活動との両立です。息子は部活動を最後まで(引退まで)続けたいと希望していました。文武両道の高校でしたので、土日も部活動があり、勉強する時間を確保するのが大変だったと思います。国立大を志望していたので、部活動と両立できる勉強方法を考えていたようです。

数ある中で四谷学院を選んでいただいた決め手は何でしたか?

高2の夏頃から息子自身、部活動と両立できそうな塾を探していたようです。最終的に自分で決めた段階で四谷学院のパンフレットを持ってきて、一緒に面談に行って欲しいと相談されました。通っていた高校が自宅から徒歩で行ける距離にあったので、電車に乗ってわざわざ四谷学院まで行かなくても…と思い、地元の塾を勧めましたが、息子がそれでも四谷学院に通いたいと希望したので、本人の意思を尊重しました。

実際に始めてみて、いかがでしたか?

すぐに結果が出るものではありませんが、55段階で苦手科目を段階的に確認しながら進んでいく勉強は、息子にとって大きな自信になったと思います。振替制度もあるので、部活動との両立も乗り切ることができました。学習室も良く活用していたようです。

お子様へのアドバイスや親として気をつけたことなどはありますか?

模試の結果で、一喜一憂してしまいますが、良い結果だった時は大いに褒めて(笑)一緒に喜び、良い結果でない時は、前向きな言葉をかけました。息子が話かけてくる時に、親としての思いなどもそれとなく伝えました。付かず離れず見守るという感じでしょうか。

合格はどのようにお知りになりましたか?

息子自身がインターネットで合格発表を見ました。主人も仕事が休みで家に居たので、すぐに報告したそう。「おめでとう!!」とすごく喜んでくれたのが嬉しかったようです。私は仕事でしたので、終わってから合格を知りました。すぐに「おめでとう!!」の電話をしました。声の高揚から、とても喜んでいる様子が伝わってきました。受験番号の見間違えでないことを(笑)主人・叔母と一緒に何度も確認してしまったと教えてくれました。後日、家族・叔母達も交えて合格祝いをしました。念願叶って入った大学ですから、今後は色々な人と交流し、さまざまな価値観に触れて欲しいです。大いに学び、遊び、体験して社会に巣立って欲しいと願っています。

最後に、これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージをお願いします。

受験には終わりがあります。親が思っている以上に子どもたちは色々なことを考えながら勉強しています。最後まで結果は分かりません。本人の意思を尊重し、信じてあげてください。自分で決めたことは必ず結果として返ってくると思います。

△このページのトップへ