MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 松永くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2015年合格者[国公立理系]

2015年 国公立理系 松永 尭典くん
松永 尭典くん (県立明和)
  • 名古屋大学理学部

一緒に悩んで、アウトプットして、正してもらえる授業だから自分で試行錯誤する力を体得。判定はD→Aになりました!四谷学院のシステムに沿ってやれば自然にできること。あとは、勉強するという自分の意志だけあればいいんです。

55段階で体系的にやることで、解答の方針が立てられるように。

四谷学院に入学したきっかけは、お姉さんも名古屋大学に合格されているからとお聞きしましたが?

はい、四谷学院から名古屋大学情報学部に現役で合格しています。それで自分も続こうということで、高校2年のはじめに入学しました。

そして見事、現役合格ですね!おめでとうございます!

ありがとうございます。55段階という目に見える指標がちゃんとあったので、合格できたんだと思います!55段階を一つひとつ進めていくと基礎が積み重ねられるから、応用問題であっても「どうやって解けばいいのか」「こうやれば方針が立つ」ということがわかるようになってきたんです。ごちゃごちゃに、場当たり的に勉強していたら、これはわからないです。55段階で体系的に勉強をしてきたからこそ、体得できたのだと思います。

なるほど。一つひとつ進めて全体を網羅する55システムならではですね。

それに加えて、指導してくれた先生も良かったです。先生は解答ありきではなく、僕の答案を元にここからどうすればいいかを一緒に悩んでくれる感じで。

解答プロセスをつかめるように試行錯誤の仕方を教えてもらった。

そうなんですね。先生はどうしてそのような指導をしてくださったのだと思いますか?

先生は、もちろんどう解けばいいかをわかっているので、解答プロセスを僕自身がつかめるように、試行錯誤の仕方を教えてくれたんだと思います。科目によっては2周3周したこともありました。でもそれを積み重ねていくと、きれいな記述答案が書けるようになったんです。

本番で試行錯誤して問題を解くのは自分ですもんね。

はい。僕はクラス授業も受講していたんですが、先生は一方的に授業をするのではなく、自分で考えさせて、あてて答えさせて、みんなで検討しようというスタイルでした。だから、自分自身の解答に先生が解説してくれたり、他の子が話している解答の根拠も参考になりました。アウトプットしないとわからない部分もあるので。クラスレベルをきちんと合わせているからこそ、こういう刺激のある授業ができるんだと思います。

合格の秘訣は、システムに沿って自分の意志で勉強したこと。

それだけアウトプットが充実していれば、成績も伸びたのではないですか?

入学時はずっとD判定だったのが、3年生の後半にはA判定をとれるまでになりました!学校の実力テストは真ん中くらいだったのが、3年の秋には10位に入って、学校の先生にはもっと上の大学に行けと言われたほどです。

すごく伸びましたね!ずばり、松永くんが思う名古屋大学合格の理由を教えてください。

大事なのは僕が特別な勉強方針を立てたのではなく、四谷学院のシステムに沿ってやれば自然にできるんだということです。このシステムに沿って自分の意志で勉強したこと、これが僕の合格の理由だと思います!

△このページのトップへ