MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 大熊くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2015年合格者[国公立理系]

2015年 国公立理系 大熊 祐輝くん
大熊 祐輝くん (私立大阪星光学院)
  • 大阪大学工学部

点ではなく面として知識を身につける55段階で英語の偏差値は69まで急上昇!!苦手科目を研ぎ澄ますことこそが自信に、そして志望校合格へと繋がります。

僕が阪大合格に至るまでの道は、一本の直線道路ではありませんでした。
高校の初めには調子の良かった定期テストや模試などの成績も、高2の後半になると停滞あるいは下降を始めました。なぜなら、苦手科目が頭をもたげてきたからです。普段の勉強は得意科目の輝きで乗り切れても、大学受験はそう上手くはいきません。受験というものは点でなく、面で襲いかかってくるのです。受験生の多くは得意科目こそ磨きをかけていますが、苦手科目を錆びつかせてしまいがちです。得意科目の手入れをするのはもちろん、苦手科目を研いだ者こそが激しい受験戦争を戦い抜けるのです。僕の場合は、その錆びついてしまった刃が英語でした。高3の初めに自分の弱みを知った僕は、四谷学院の55段階に本気で取り組みました。クラス授業と併用しつつ穴埋めを怠ることなく進め、気づけば英文法、長文、英作文の全てで十段に至り、英語が得意!とは言わないまでも、ネックにならないまでに鍛えることができました。三単現のsが抜けていないか、一つひとつ指差しで確認するほど苦手だった英語が偏差値69にアップ!四谷学院の55段階では、英語を点ではなく面として補強できたのです。
基礎を万全にしておけば、その自信が安心材料となり、それが志望校合格へと繋がります。自分はこれほど勉強したんだ!と胸を張って誇れる受験生になってください。

△このページのトップへ