MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  合格体験記  >  保護者体験談  >  現役生  >  体験談

保護者体験談[現役生]

お子様の受験勉強を支えた保護者様の体験談。貴重な情報が満載です。

増田さん

E判定で落ち込んだとき、現役合格を諦めかけたとき、四谷学院の先生はいつも褒めて、励まし、娘のやる気を鼓舞してくださいました。勝ち取ることのできた現役合格に、感謝の気持ちでいっぱいです。

大阪大学薬学部合格 増田のお母様

入学前のお子様の状況を教えてください。

進学校に通っていた為、勉強はそれなりに頑張ってはいましたが、二年生の時はかなりの中弛みで塾にも行かず、模試も受ける事はありませんでした。三年生間近になって慌てて塾探しを始めたのですが、なかなか受験モードにはならず、志望校すら決めかねていました。私は心配でいろいろ話をするものの、娘は周りに口出しされて行動する子ではなかったので、最終的にはヒヤヒヤしながらも見守る事しかできませんでした。

数ある中で四谷学院を選んでいただいた決め手は何でしたか?

塾選びに関しては娘の意思に任せるつもりで、別の塾の個別相談と体験授業も受けました。そして、娘の今の成績等を考慮して、苦手科目をプロの講師の方の指導で基礎から見直せて、かつ自分のペースでどんどん進めていける55段階個別指導が、娘の性格にも合っていると感じました。能力別授業とのダブル教育にも魅力を感じて、四谷学院に決めました。

実際に始めてみて、いかがでしたか?

入学してすぐに、受験モードになったわけではありませんでした。でも、今まで受けた事がなかった個別指導には刺激を受けた様でした。そして、ようやく志望校も決め、夏頃に受けた模試はことごとくE判定。その結果に自信をなくし、その時ばかりは「現役は無理かも」と弱音を吐いてました。それでも、担任の先生からの励ましもあり、夏期講習からは娘なりに頑張り、少しずつ成果が見えてきました。55段階のランキングの上位に掲載された時には、とても喜んでいましたし、クラス授業では同じ様に頑張っている周りのお友達から刺激を受けながら、どんどんモチベーションを上げていきました。秋を過ぎる頃には、授業がない日も自習室に行ってました。そして、冬に受けた模試でB判定をもらった時には、とても喜んで報告してくれました。55段階個別指導もそうですが、模試の結果を報告した時等も、四谷学院の先生方はその都度誉めてくれたり、励まして下さりました。そのおかげで、1度は現役合格を諦めかけていた娘も頑張れたんだと思います。今は、感謝の気持ちでいっぱいです。

お子様へのアドバイスや、親として気をつけたことなどはありますか?

三年生始めの頃は成績や模試の話もそれなりにしていましたが、受験モードになってからは、受験の知識があまりない私は口出ししないで、勉強や受験の事は経験豊富な先生方にお任せしようと思いました。そして私は、娘の健康管理とメンタル面のフォローにまわりました。

合格はどのようにお知りになりましたか?

今年はホームページでの発表のみだったので、娘は発表時間の30分前から、パソコンとスマホの準備をしていたようですが、私はあえて家事等をして、緊張をほぐしてました。それでもすぐにはアクセスできず、5分程して「合格してた~」と言って、娘が抱きついてきた時は、私は腰が抜けた様にその場に座り込んでしまいました。そして、また娘から「1年間ありがとう」と言われた時には、涙が出てきました。本当に本当に良かったと家族皆で、喜びました。

最後に、これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージをお願いします。

1年間を通じて感じた事は、受験迄はいろいろありますが、親は子供の可能性や実力を信じて、見守るしかありません。そうは言っても、勉強の進め方や模試の結果等、心配事はたくさん出てきます。そんな時、うちは四谷学院の先生方に助けて頂きました。受験の事は経験豊富な先生方にお任せ、そして、体調やメンタル面を親がフォローするという分担方式で、親子共々、1年間乗り越えられたと思っています。

△このページのトップへ

[an error occurred while processing this directive]