MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  合格体験記  >  保護者体験談  >  体験談

保護者体験談

お子様の受験勉強を支えた保護者様の体験談。貴重な情報が満載です。

仁科さん

55段階で、基礎ができていなかったことを痛感!勉強の仕方が初めてわかった娘は、授業の成果を毎日嬉しそうに話してくれました。

一橋大学社会学部合格 仁科のお母様

入学前のお子様の状況を教えてください。

受験対策に力を入れる学校ではなかったので、英数を大手の塾に通わせておりましたが、大学に的を絞った二次試験対策が主で、ついていくのがやっとでした。時間的にも体力的にも全ての科目を塾でフォローする訳にいかず、もがきながら本番が来てしまった感じで、全く納得のいかない結果になりました。もっと本人にあった塾に早く変えるべきだったと反省しました。

どのようなきっかけで、四谷学院をお知りになりましたか?

「55段階」という言葉は早くから知っておりました。基礎から一段ずつ知識を積み上げて、自分の到達度もわかるのだろうなと大変興味があったのですが、現役の時はもう時間的に間に合わないと思い、ご縁がないものと思っておりました。

数ある中で四谷学院を選んでいただいた決め手は何でしたか?

本人が説明会に1人で参加し、決めてきました。全教科を基礎から見直したい気持ちがあったのと、個別指導があるということで、質問もしやすいし、当人にもあったアドバイスをしていただけることが大きな決め手になりました。実は私は、大手予備校の大学名を冠したコースに通った方がいいかと思っていたのですが、本人の意思が固く、パンフレットやビデオを見て大変信頼のおけるところだと思い、四谷学院に決めました。

実際に始めてみて、いかがでしたか?

基礎が全くできていなかったことを痛感したようです。恥ずかしながら初めて勉強の仕方がわかったようで、始めの頃は毎日嬉々として、もらったハンコを見せてくれました。先生やスタッフの方に声をかけていただくことが励みになり、自習室も快適で、1日も休むことなく通いました。

お子様へのアドバイスや、親として気をつけたことなどはありますか?

規則正しい生活をし、毎日確実に力がついていくのを実感できたので、本人も家族も気持ちは安定していましたし、家にいるときは食事時など、とにかく楽しい会話をしました。模試の成績も特に良かったことはないのですが、あまり気にしませんでした。

合格はどのようにお知りになりましたか?

私は怖くて日中確認できず、仕事から帰ったら、既に合格発表を見た娘は先生に報告すべく四谷学院にすっ飛んで行っていて家にいませんでした。とにかくほっとしました。これまで娘が流した涙は、全てこの日のためにあったと思いました。

今後の大学生活やその後の人生において、お子様に期待されることはございますか?

せっかく第1志望の学校に合格できたのだから、勉強もサークルなどの活動も全力で取り組んで欲しいです。浪人経験で精神的にもかなりタフになり、自立したように思います。

最後に、これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージをお願いします。

娘は浪人して四谷学院で学んだことで、勉強することが好きになったと言いました。基礎から一段ずつ積み上げていく達成感で、楽しく確実に学ぶことができました。基礎をしっかりやれば、国立にも私立にもある程度対応できる力がつくので、四谷学院のシステムは本当に良かったです。

△このページのトップへ