MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  合格体験記  >  保護者体験談  >  体験談

保護者体験談

お子様の受験勉強を支えた保護者様の体験談。貴重な情報が満載です。

大熊

学校にも見放された英語が、一つひとつ基礎を見直していく「55段階」のおかげでセンター188点に!無事東大に合格することができました。

東京大学理科一類合格 大熊のお母様

入学前のお子様の状況を教えてください。

一番がんばっているのに高校の先生には「怠けている」と思われてしまうほど、英語の成績が著しく悪かったです。課題が多くて提出できないこともあり、3年時の講習には参加を認めてもらえない程でした。一番面倒を見てもらいたい教科でしたのに見放されてしまい、子供は「戦争に負けたから英語を使わなくてはいけなくなった」なんて言い出す始末。中学のときはもっと楽しく学べていたのに…と思うと、親としてなんだか可哀想になってしまいました。

どのようなきっかけで四谷学院をお知りになりましたか?

中学の同級生のお母さんにたまたま会うことがあり、上記の話をしたら四谷学院を教えてくれました。当時、息子はあまり塾や予備校が好きでなかったのですが、個別指導なら良いかもと思い、説明を聞いてみました。

数ある中で四谷学院を選んでいただいた決め手は何でしたか?

初めて通った塾は自分のレベルよりかなり高いクラスに入ってしまい、ついていくのが大変で辞めてしまいました。それからしばらく自分で頑張っていたのですが、3年生になり東大を目指すには、やはり英語を何とかしなくてはと思うようになりました。学校からは見放されてるし、他塾の東大コースでは以前と同じになってしまう…。そのような時に、基礎を一つひとつ確認しながら進められる55段階を知り、藁にもすがるつもりで四谷学院に決めました。

実際に始めてみて、いかがでしたか?

最初はあまりにも簡単そうなので心配でしたが、どんどん進んでいくのが楽しくて頑張れたようです。達成感が自信につながり、それが自然とレベルアップにつながっていきました。自分の苦手な部分や忘れてしまったことなど、何度でも好きに振り返りできたことが良かったようです。最後の方は問題レベルもかなり難しくなりましたが、それなりに対応できるようになっていきました。二次試験の前には他の教科も対策していただき、特に化学は二次試験に出たと言っていました。ありがとうございました。

お子様へのアドバイスや、親として気をつけたことなどはありますか?

なかなか的確なアドバイスはできなかったのですが、食事や健康面は気をつけていました。子供なりに感謝していたようです。生活が深夜にずれ込むことが多くなり、それを注意して揉めることがしばしばありましたが、大事な模試で頭が働かなくなり自分でも気付いたようです。

合格はどのようにお知りになりましたか?

先に見ないように言われてましたので、息子がインターネットで調べました。12時発表だったのですがなかなか起きてこず心配していましたら、13時半頃起きてきて「受かってたよ」の一言。調べて安心し、また寝てしまったそうです。1時間半もドキドキしていたので、すごく嬉しかったです。

最後に、これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージをお願いします。

受験は親も大変ですが、一番頑張っているのは子供たちです。子供の成績に一喜一憂してしまうのは仕方ないことですが、子供を信じてうろたえずどっしり構えていたほうがいいですね。私はなかなかできなかったので反省しています。親の「勉強しなさい」とか、無言のプレッシャーはNGです。かえって子供を委縮させ、やる気を損なわせてしまいます。後に息子に聞いた話では、無言のプレッシャーがあったそうです。そんなつもりはなかったのですが…。子供が今のやり方で煮詰まってしまっているときは、別の方法を提案してみるのもいいかもしれません。うちの子は、四谷学院の基礎を一つひとつ見直す方法で苦手な英語を克服し、受験を乗り切ることができました。無事志望校に入学できたので、これからは夢に向かって頑張っていってほしいと思います。応援してます。

△このページのトップへ