MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  合格体験記  >  保護者体験談  >  体験談

保護者体験談

お子様の受験勉強を支えた保護者様の体験談。貴重な情報が満載です。

次へ

櫻井

進学校で低迷していた現役時代。今の実力を正しく判断し、適切な学習指導をしてくれるアットホームな四谷学院に任せれば、最高の結果を手に入れられます!

京都大学経済学部合格 櫻井のお母様

入学前のお子様の状況を教えてください。

進学校と呼ばれる中高一貫校へ入学を果たしたものの、学校生活を本人まかせにし過ぎてしまい、成績は低迷したままでした。志望校は早くから決めていたようですが、模試の結果(E判定)を見る限り、合格はとても困難に思えました。現役時代は本人が強く希望する塾に入れていましたが、ほとんど結果が出ず、その塾の受験指導に強い不信感を持っていました。

どのようなきっかけで、四谷学院をお知りになりましたか?

彩人の2歳上の姉の浪人が確定した頃、駅の改札機に貼られた四谷学院のステッカーが目に飛び込んで来ました。電車内にも広告があり、とても印象的でした。『四谷学院』?東京の塾?馴染みがないな…なんで赤と緑の双子??と最初は感じましたが、『55段階別学習、科目別能力別授業』には、生徒にあったキメの細かい指導が受けられるのではと強い興味を持ちました。

数ある中で四谷学院を選んでいただいた決め手は何でしたか?

新しくできた予備校のイメージがあったので、多少の不安はありました。しかし、説明会に参加して
①出身校ではなく、今の実力を正しく見てくれた
②55段階別学習で中高6年間の穴を埋めることができると思った
③科目別・能力別授業が新鮮だった
④少人数で質問しやすい環境があった
⑤予備校の周囲にゲームセンターなど誘惑されるような場所がなかった
という点に惹かれ、通うことを決めました。

実際始めてみていかがでしたか?

姉は、1年間楽しみながら勉強を続けられたようでした。たとえば、今まで質問に行くことがなかったのに、「質問がしやすい!」と言ったのを聞いた時はとても嬉かったです。彩人は「数学はちゃんと予習せんと、授業が成り立たへんねん」と、苦手な数学であっても真剣に予習をするようになり、内心小躍りしたくなるほど嬉しかったです。
夏の京大模試で全てA判定を出し、鳥肌がたちました。本当にこんなことがあるのかと、目を疑いました。早くもダブル教育の成果を感じましたが、担任の先生が冷静だったので、気を引き締めて見守ることにしました。秋の模試でも結果を出して、本番でも合格することができました。2人とも、限られた1年間を四谷学院の学習システムを通じて迷いなく進むことができて、本当に良かったです。
担任の先生や受付の皆さん、ご指導いただいた先生方との距離も近く、アットホームな雰囲気でとてもありがたかったです。彩人は、担任の先生が誕生日を覚えていてくださったことにとても喜んでいました。
謎の双子は、ダブティーと呼ばれているそうですね。今ではすっかり愛着が湧き可愛らしく見えます(笑)。マグカップや定期入れを手にしながら、時々当時の事を懐かしく思い出します。

お子様へのアドバイスや親として気をつけたことなどはありますか?

ほとんど、四谷学院さんにお任せしていました。気になる事があれば、担任の先生と連絡を取り不安を解消していました。担任の先生を通じて、ほぼ毎日朝から晩までキチンと学習をしていることがわかっていたので、家では彩人が自由に過ごせるように配慮していました。冬場は風邪やインフルエンザ対策で、できるだけ睡眠時間を確保し、予防接種を受けるなど、体調に気を遣って無事に乗り切ることができました。

合格はどのようにお知りになりましたか?またその時の感想を教えてください。

合否は本人1人だけで確認したいと言ったので、小雪が舞うのを見ながら、家から離れた所で待機していました。発表時間の正午になり、いつまで経っても、と言っても5分くらいですが(笑)連絡が来ませんでした。これはダメだったのかと親戚向けへの残念メールを打ち始めた時にようやく「合格しました…」と彩人からメールが来ました。急いで家に帰ると、彩人は主人と電話で話していました。私への合格連絡が遅れたのは、学部や受験番号の見間違いがないか何度も何度も確認していたようです。冷静な息子が「自分の受験番号を見つけて、声を上げて泣いてしまった」と言った時に、この1年間のプレッシャーの大きさを初めて痛感しました。「おめでとう!ホンマに良かったな…すぐ京大へ見に行こう」と急いで出かけました。とても寒い日でした。憧れの大学で、息子の受験番号を見ることができて本当に幸せでした。親戚が集まり合格祝いをしてもらい、姉弟と4年続いた大学受験が最高の結果で終了することができたので、感謝の気持ちで一杯になりました。

今後の大学生活やその後の人生において、お子様に期待されることはございますか?

苦労して入学しただけあり、毎日楽しそうに通学しているので大変満足しています。少しずつ将来の事も考えて授業を選択しているので、このまま着実に進んで満足のいく人生を送ってもらいたいです。

最後に、これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージをお願いします。

本人に目指したい大学が決まっているなら、是非四谷学院を信じて、がんばらせてあげてください。浪人が決まった時は、絶望感で落ち込んでしまうかもしれません。しかし、四谷学院に通って、どこの大学へ行きたいのか、これからどう1年を過ごすのかを真剣に考えて実行すれば、とても貴重な1年にできると思います。担任の先生の進路指導は素晴らしかったです。担任の先生は細かく生徒とのコミュニケーションをとっているので、安心して受験校の決定などを任せることができます。家庭では、体調など勉強以外のサポートを充実させることができ、負担も減ると思います。

生徒本人の体験記はこちら

 

次へ

△このページのトップへ