MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  合格体験記  >  保護者体験談  >  体験談

保護者体験談

お子様の受験勉強を支えた保護者様の体験談。貴重な情報が満載です。

宇野

受験をはじめ、何事にも関心の薄かった息子が自ら選んだ四谷学院。プロ講師の集団授業、個別指導のような55段階、担任の先生の手厚いサポートのおかげで、合格を勝ち取ることができました!

大阪大学人間科学部合格 宇野のお母様

どのようなきっかけで、四谷学院をお知りになりましたか?

電車や駅の広告で見かけたことがあり、四谷学院のことは知っていましたが、「難関大に合格者を出している」くらいの印象でした。

その四谷学院を選んでいただいた、決め手はなんでしょう?

親の方は受験のことがよくわからなかったので、息子の意思を尊重しました。息子は何事にも関心が薄く、現役時の受験にも取り組むのが遅くて浪人することになったのですが、どこの予備校に通うか、あるいはどこにも通わないのかも決められない状況でした。ですが、「大勢いる中で授業を受けるのは嫌だ。でも、地元の個別指導の塾では不安だ」ということで、プロ講師の集団授業と個別指導のような55段階が受けられる四谷学院を選びました。

実際に始めてみて、いかがでしたか?

四谷学院での授業や生活には満足しているようでした。息子は担任の先生との面談を重視していたようで、受験校の決定や出願では特に背中を押されたようでした。

合格はどのようにお知りになりましたか?

普段から特に勉強の話をする訳ではないのですが、試験直前から発表までの間は容易に話しかけられる雰囲気ではありませんでした。努めて受験の話に触れないようにしていましたが、不安で心配でした。発表日当日、私は仕事でしたので携帯のメールで確認しました。ただ、自信がなかったのか「たぶん合格」と曖昧に知らされ、余計に不安を覚えました。家に帰って確実に合格している旨を聞き、ほっとすると共に息子の努力が報われたことに対して喜びました。

最後に、これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージをお願いします。

私たちの場合は遠くから息子をサポートすることしかできませんでしたが、要所要所で話し合いをして子供の本音を聞き、「頑張りたい」と思うことを支持することが大切かと思います。あまりに突飛なことを言われては支持することもできませんが、子供はきっとたくさん悩み、考えているはずです。そのことを「信じる」のが、親としての最良の態度ではないかと思います。

△このページのトップへ