香川で塾を探している方へ|大学受験に成功した先輩にインタビュー!学力を伸ばす方法 CASE 01【大学受験予備校 四谷学院】

  公開日:2020/08/04
最終更新日:2020/08/08

※この記事は約4分で読めます。

香川県で志望校合格

このブログでは、香川県在住で学習塾・予備校・オンライン授業をお探しの学生・保護者の皆様に、役立つ情報やヒントになる情報をお伝えします。

絶望した現役時代から1年、早稲田大学に合格!

今回ご紹介するのは、香川県丸亀市にある県立丸亀高校に通っていたくんの合格ストーリーです。

くんは大学受験予備校の四谷学院に入学。
現役時代はMARCHも全滅だったところから
たった1年で早稲田大学商学部に合格しました。

 

驚異的な伸びを実現した理由

彼がそれほどまでの驚異的な伸びを実現した理由は5つあります。

1. 基礎からやり直したこと
2. 自分では気づかない弱点を見つけ、潰していったこと
3. 答案をたくさん作って先生に見てもらったこと
4. プロの先生から質の高い指導を受けたこと
5. 1年を通してモチベーションを保てたこと

 

合格者インタビュー

 実際に、お話を聞いてみました。


「どこか受かるだろう」と思っていた…

Q. 現役時代の受験はどうでしたか?

僕は正直、受験を舐めていました。

MARCHのどこかは受かるだろうという甘い考えで受験に挑み、6校ほど受けた結果は滑り止めだけ合格で、あとは全滅。

正直、絶望しました。

Q. 予備校はどのように選びましたか?

いろいろな予備校の説明会に参加しましたが、これといって心をつかまれるものがありませんでした。

最後に四谷学院の説明会を受けたとき、「これだ!」と思いました。

わからないところは基礎から質問できる55段階と、自分のできる科目・できない科目でレベルを分けられる科目別能力別の授業

四谷学院の学習理念にすごく共感したことを覚えています。

自分では気づかない弱点があった

Q. ダブル教育のどんなところが良かったですか?

まず、基礎からやり直せたことです。

僕は最初の基礎でつまずくことが多かったです。

大体の知識は覚えていても、どうしても少しミスが出る。そのミスは結構、自分では気づかないものです。

先生に指摘してもらい、何度も繰り返すことで段々とミスが減っていく。そうして定着していくものだとわかりました。

それから、四谷学院の先生の指導力の高さです。

本当に必要なことを的確に教えてくれて、何度も答案を提出するうちに僕の弱点をわかってくれるから、役に立つアドバイスをたくさんもらえました。

添削指導で得点アップ

ずっとE判定だった早稲田がB判定に!

Q. 成績の伸びはありましたか?

ずっとE判定だった早稲田大学で、B判定が出るまでになりました!

自分だけでは難しい「勉強の核となる部分」から理解できたことで勉強がものすごく楽しくなり、成績も上がりました。

Q. 合格したときはどうでしたか?

すぐさま親に連絡したら「まさか本当に受かるとは思ってなかった」と言われました。

ツッコミたくなりましたが、僕も「ほんまになー!!」と思って(笑)。

そのあと本当に嬉しくて、何年ぶりかくらいに自然と涙が出てきました。

勉強を楽しいものにしてくれた先生、そして色々話を聞いてくれた受験コンサルタントの先生には本当に感謝しています。

早稲田大学商学部に合格


誰でも才能を持っている

四谷学院には「特待生制度」がありません。

それは、「ダブル教育」という独自のシステムで生徒の学力を伸ばすことができるから。

もともと成績が優秀な生徒を集めて合格実績をあげる「特待生制度」は必要ないのです。

四谷学院が大切にしているのは、「誰でも才能を持っている」ということです。
あなたの今の学力がどうであれ「あなたは才能を持っている」んです。

誰でも才能を持っている

そしてその可能性を最大限引き出せるように、クラス授業はあなたに「そういうことだったのか!」という発見をさせ、その発見によって理解できる内容が一気に広がる授業になっています。

55段階はプロによるマンツーマンの対話指導で、理解の「穴」をつぶし、自分で解答を作り上げる力を育てます。

人それぞれやり方や考え方が違うように、学習塾や予備校もそれぞれやり方や考え方が違います。

せっかくお金をかけるなら、自分が成長できる授業を受けたいですよね。

あなたはどんな学習塾が、一番自分の役に立つと思いますか?どんな学習塾が、あなたに合っていそうですか?

あなたが1年後、「やったぞ!」「良かった!」と言えるような選択をしてください。

 

※四谷学院指定寮もご用意しています

 

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる    

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ