福岡県北九州市で塾を探している方へ|E→A判定にひっくり返して大学受験に成功した先輩にインタビュー!大学受験予備校四谷学院

  公開日:2021/09/24


※この記事は約4分で読めます。


四谷学院の先輩の合格体験記をご紹介するこのコーナー。
今回ご紹介するのは、九州大学歯学部に合格したくんのストーリーです。

先輩の声
55段階は、効率よく自分のための勉強ができる。成績がぐんぐん伸びて、学校の先生に「お前、すごいぞ!」と驚かれました。E→A判定にひっくり返して志望校合格です!

授業についていけず受験への焦りしかなかった


中高一貫校に通っていたのですが、学校の数学の授業についていけず困っていました。わからないところがどんどん増えていく最悪の状況の中、四谷学院に入学しました。実際に55段階を始めてみると、自分のわからないところだけピンポイントで、好きなときに気軽に質問できて、納得いくまで丁寧に教えてもらえるシステムがとても役立ちました。先生方はいくつも解法を教えてくれて、学校では教わったことがないような、基礎にのっとった分かりやすい考え方を教えてくれました。

おかげで、機械的に公式にあてはめるだけではなく、根本から理解できるようになりました。自分の頭で理解できることが楽しく、55段階はどんどん進んで、いろいろな科目を攻略しました。その結果、学力の穴は高1の時点で埋まり、学校の成績もうなぎ上りで、学校の先生に「おまえ、すごいぞ!」と驚かれるほどになりました。

志望校判定がE判定からA判定にアップ!


志望校判定はもともとE判定でしたが最後にはA判定になり、センター試験の総合点も100点アップして、当初考えてもいなかった九大に合格することができました。丁寧にわかりやすく教えてくださった先生方、ありがとうございました。四谷学院の「My時間割」や「振替制度」がバスケ部との両立もサポートしてくれました。部活のない日に授業を入れたり、試合など急な予定が入っても授業を振替できたので授業料をムダにすることもありません。

自習室や先生方のサポートに助けられました

家では自分に厳しく勉強することができなかったけれど、「四谷学院の自習室でめいっぱい勉強しよう」と決めてからは勉強量も増えました。定期試験を無料でバックアップしてくれる制度を活用し、ふだん受講していない科目の質問ができたのも良かったです。
将来はとにかく腕の良い歯科医になってたくさんの人のために貢献したいです。3年間お世話になった四谷学院には本当に感謝しています!

誰でも才能を持っている

四谷学院には「特待生制度」がありません。

それは、「ダブル教育」という独自のシステムで生徒の学力を伸ばすことができるから。

もともと成績が優秀な生徒を集めて合格実績をあげる「特待生制度」は必要ないのです。

四谷学院が大切にしているのは、「誰でも才能を持っている」ということです。

あなたの今の学力がどうであれ「あなたは才能を持っている」んです。

そしてその可能性を最大限引き出せるように、

クラス授業はあなたに「そういうことだったのか!」という発見をさせ、その発見によって理解できる内容が一気に広がる授業になっています。

55段階はプロによるマンツーマンの“対話指導”で、知識の「穴」をつぶし、自分で解答を作り上げる力を育てます。

 

人それぞれやり方や考え方が違うように、学習塾や予備校もそれぞれやり方や考え方が違います。

せっかくお金をかけるなら、自分が成長できる授業を受けたいですよね。

あなたはどんな学習塾が、一番自分の役に立つと思いますか?どんな学習塾が、あなたに合っていそうですか?

あなたが1年後、「やったぞ!」「良かった!」と言えるような選択をしてください。

 

※四谷学院指定寮もご用意しています


合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  驚きの伸びを実現|先輩列伝  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ