慶應義塾大学文学部に合格するための塾を探している方へ|お子様の受験勉強を支えた保護者体験談!大学受験予備校四谷学院

  公開日:2021/12/17


※この記事は約6分で読めます。


四谷学院で合格した先輩の保護者の体験記をご紹介するこのコーナー。
今回ご紹介するのは、慶應義塾大学文学部に合格したお子様を持つさんのお母様のストーリーです。

保護者様からのメッセージ

保護者の声
想像していた暗いイメージではなく、楽しく元気に通う娘に一安心!「自分も勉強したかった」と思えるほど快適な、着実に伸びる学習環境は何物にも変えられません。四谷学院には本当に感謝しています。

 

保護者インタビュー

  実際に、お話を聞いてみました。


入学前のお子様の状況を教えてください。


部活動が忙しくて充分に勉強ができておらず、現役では第一志望に受からなかったので、もう1年頑張っても受からないのではという不安はありました。しかし、娘は第一志望合格に向けて淡々と勉強していたので、全力で応援しようと思いました。

数ある中で四谷学院を選んでいただいた決め手は何でしたか?

いくつかありますが、まず校舎が駅に近いので、遅くなってもあまり心配がなかったこと。次に、自習室が広く使えたり、区切られており、「私も受験生のときはここで勉強したかった」と思えるような空間だったこと。そして、先生との距離が近いため、先生が子供たちの反応を見ながら授業をしてくださると感じたこと。最後に何より、55段階では先生と1対1で教えていただけるということで、少し内気な娘でも質問がしやすいのではないかと思ったことです。授業料は少し高いと思いましたが、良い環境には変えられないと思いました。

実際に始めてみて、いかがでしたか?

娘は「とても楽しい」と言っており、実際に毎日とても楽しそうに通っていて、安心しました。私が想像していた浪人の暗いイメージとは全く違っていて、高校時代に部活動に元気に通っているかのように、四谷学院に通学していました。もちろんつらい時もたくさんあったとは思いますが、成績は着実に伸びており、最終的には第一志望に合格することができて、四谷学院には本当に感謝しています。

合格はどのようにお知りになったのですか?


子どもの受験は子どもたちだけでなく、親にとってもとても大変なものです。時には子ども以上に親が緊張していたり、不安やストレスを感じていることもあります。合格発表の日には胃が痛くて大変でしたが、娘は「できた!受かった!」という感触があったようでケロッとしていました。娘が私を呼んだ声の様子で、合格したんだなと分かりました。なかなか実感が湧きませんでしたが、娘の1年間の頑張りが結果に表れて、本当に良かったです。娘には「良かったね!おめでとう、よく頑張ったね」と声をかけました。

それまではどのようなお声をかけていらしたのですか?

家では「いつも通り」を心がけていました。受験生だからといって、変に気をつかうことはしませんでした。それから、不吉なことでもポジティブに捉えるように心がけました。例えば、物が落ちたときには「代わりに落ちてくれたんだね~」と言っていました。

今後の大学生活やその後の人生において、お子様にどんな期待をされていますか?

とにかく健康第一で、自分の好きなように頑張って欲しいと思います。留学もしたいと言っているので、応援したいです。

私たちが自信を持って四谷学院のシステムをお勧めできる理由


私たちが自信を持って四谷学院のシステムをお勧めできる理由。
1つは、毎年多くの生徒が本人も驚くほど学力を伸ばして志望大学に合格していること。

そしてもう1つは、そうした生徒や保護者の方、学校の先生が、良い口コミを広げてくださっていることです。

「成績が伸びなくて悩んでいたら、四谷学院でやってみたらと勧められました」
「同じクラスの子が〇〇大学に合格して、四谷学院に通っていたと聞いたので」
という生徒さんや保護者の方が多くいらっしゃることは、私たちの励みにもなります。

ここでは、お子様の卒業時に保護者の方からいただいたメッセージの一部を、許可をいただいてご紹介します。

東京大学合格 大熊 拓海くんのお母様
息子は英語の成績が著しく悪く、「戦争に負けたから英語を使わなくてはいけなくなった」なんて言い出す始末。そんなある日、中学の同級生のお母さんにたまたま会うことがあり、その話をしたら四谷学院を教えてくれました。基礎を一つひとつ確認しながら進められる55段階を知り、藁にもすがるつもりで四谷学院に決めました。

早稲田大学合格 小長谷 智輝くんのお父様
四谷学院を選んだ理由は、高校、および以前通っていた塾の先生のアドバイスです。本人の性格・習熟度に合った予備校ということで紹介していただきました。第一志望に合格できたときは、大変喜んでいました。そしてそれ以上に四谷学院に電話した際、受話器の向こうから職員の皆さんの歓喜の声が聞こえたときは、何より有り難く嬉しかったです。

九州大学合格 山田 のぞみさんのお母様
当時、四谷学院に通っていた生徒さんに「自分は四谷学院を選んでよかったと思う」と聞いたのは好印象でした。よく聞くとその人は福岡のトップ校を卒業していて、別の大手予備校なら特待生で入学できたはずなのに、そこに行かず四谷学院を選んだという事はそれだけの予備校なのだろうと思いました。

ご兄弟での入学が多いのも四谷学院の特長


ご兄弟で四谷学院に通われている方が多いのも、四谷学院の特長の1つです。

東京大学合格 大島 真理佳さんのお母様
娘の受験に対する不安はさほどありませんでした。というのも、私には娘が2人いて、上の子が四谷学院の55段階システムを利用して合格を勝ち得たという経験を直に見ていたからです。自分の進捗状況が実感として分かるのが娘の性格にぴったりだったようで、「今日は1コマで何級分合格した!」と嬉しそうに報告してくれました。

高知大学医学部合格 田中 章博くんのお母様
4年前に姉が浪人したときに四谷学院でお世話になり、文転を決意して京都大学法学部に合格しました。ですので、息子が浪人するときは四谷学院にお世話になろうと、親子共々決めていました。合格を知ったときは、「おめでとう!」の後は涙があふれて言葉になりませんでした。合格者数の少なさと番号の抜け方を見て、改めて「よくぞ受かった」と感激しました。

京都大学合格 吉田 玖瑠美さんのお母様
某大手予備校では遠い存在の先生が、四谷学院ではすぐ目の前で熱心な授業をしてくださる。まさに理想としていた予備校でした。我が家は4人姉妹なのですが、姉妹でも性格はもちろん、勉強の仕方も違います。それぞれの個性に合ったペース・勉強法で進めてもらえる四谷学院なら、安心してお任せできる。という訳で、現在は妹も四谷学院でお世話になっています。

予備校選びが合否を左右する

大学受験では、「予備校選びが合否を左右する」といわれます。
もし間違えれば、時間もお金も無駄にすることになります。

その重要な場面で、四谷学院のことを勧めていただいていることは、私たちの誇りであり、選んでくれた生徒たちに本当に行きたい大学に行ってもらおうという強い想いになります。

学習塾や予備校は、それぞれ授業の仕方や合格戦略が違います。
お子さんが成績を伸ばすためには、「お子さんに合った予備校」を見つけることが大切です。

四谷学院では、経験豊富な受験コンサルタントが入学説明会・個別相談会を行っています。保護者の皆様もぜひお越しください。保護者様のみのお越しも歓迎しております。


合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

こんな記事も読まれています

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  保護者体験談  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ