苦手だった日本史が33点→94点に!テキストはバイブルとして持ち歩いていました | 大学受験に成功した先輩にインタビュー【大学受験予備校四谷学院】

  公開日:2021/11/19
最終更新日:2022/06/16


※この記事は約4分で読めます。


四谷学院の先輩の合格体験記をご紹介するこのコーナー。
今回ご紹介するのは、同志社大学グローバル地域文化学部・文学部、立命館大学文学部に合格したさんのストーリーです。

先輩の声
文法が抜けていた英語は本番では約9割に、33点だった日本史は94点に。質の高い授業とテキストで細かいところまで完璧に効率的に勉強できました。

英語の文法を基礎から固めたかった!


私の高校は英語の文法の授業がほとんどなかったので、基礎から固めたいと思い四谷学院に入学しました。55段階では本当に初歩的なところから確認していけるので、しっかりと基礎を固めることができました。テストを受けることで自分の頭の中にしっかりと内容が入っているかを確認することができ、間違えたところは先生に解説をしてもらえるので完璧に仕上げることができました。先生はいつでも質問に答えてくださるので、効率的に分からないところを潰していくことができました。おかげで、試験本番では英語を9割近く取ることができました。

苦手な日本史も試験本番では94点をとれました!

クラス授業では日本史を受講しました。四谷学院のテキストには必要な情報が詰め込まれているので、ひたすら熟読して、何でも書き込み、自分のバイブルとして持ち歩いていました。冬期講習でも日本史の講座を受講し、直前期に確認することで、細かいところの抜けまで徹底的に埋めることができました。結果、7月の模試では33点でしたが本番では94点まで伸ばすことができました!

自習室は席数も多く、とても集中できる環境だったので、一人の世界に入って自習することができました。受験勉強は自分との戦いになるので、やはり集中できる勉強環境が一番大切だと思います。

志望校対策をして合格を掴んだ!


「合格」の文字を見た瞬間は叫んでしまいました。自分でも本当に信じられなかったのですが、最後まで諦めずに頑張って良かったと心の底から思いました。後輩のみなさんも、自分の目標を揺るがすことなくそこに向かって頑張っていってほしいと思います。志望校ごとの対策を立てれば絶対に大丈夫なので、四谷学院の授業を活用して合格を勝ち取ってください!

だれでも才能を持っている

四谷学院には「特待生制度」がありません。

それは、「ダブル教育」という独自のシステムで生徒の学力を伸ばすことができるから。

もともと成績が優秀な生徒を集めて合格実績をあげる「特待生制度」は必要ないのです。

四谷学院が大切にしているのは、「だれでも才能を持っている」ということです。

あなたの今の学力がどうであれ「あなたは才能を持っている」んです。

そしてその可能性を最大限引き出せるように、

クラス授業はあなたに「そういうことだったのか!」という発見をさせ、その発見によって理解できる内容が一気に広がる授業になっています。

55段階はプロによるマンツーマンの“対話指導”で、知識の「穴」をつぶし、自分で解答を作り上げる力を育てます。

 

人それぞれやり方や考え方が違うように、学習塾や予備校もそれぞれやり方や考え方が違います。

せっかくお金をかけるなら、自分が成長できる授業を受けたいですよね。

あなたはどんな学習塾が、一番自分の役に立つと思いますか?どんな学習塾が、あなたに合っていそうですか?

あなたが1年後、「やったぞ!」「良かった!」と言えるような選択をしてください。

 

※四谷学院指定寮もご用意しています


合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

こんな記事も読まれています

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  合格した先輩の声  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ