前の記事 » 
次の記事 » 

講師が実践している英単語の暗記法!これなら覚えられる!

  公開日:2017/11/30
最終更新日:2018/01/24

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の片野です。
「英単語の暗記」に苦労している受験生、多いですね。

今回はわたくし片野がどうやって英単語を覚えたか?ということをお話したいと思います。
いわば、「実践編」ですね。

成功例がココにありますから、試してソンはありませんよ。

ノルマを決める

「ゴールが見える」
「目標が明確」

というのは学習において非常に重要です。

信号も「待ち時間表示」があると、歩行者のイライラが減少するとか。
「あと、●●!」
と認識するということは、人間の行動に大きな影響があるということですね。

たとえばセンター試験まで残り○日
手元の英単語帳は○ページあり、○周したい

こういった最終ゴールを設定して、あなたが1日もしくは1週間に何ページ進むべきか、計算します。

「ノルマ」が決まったら、こなすのみ!

手を動かす

「見るだけ」で覚えられるのは、一部の特殊能力のある人のみです。

見ているだけでは眠くなるだけなので、手を動かして、書いて書いて覚えます。

私の場合、裏が白いチラシとか、カレンダーのウラとかを使って、今日のノルマ分の単語を書きます。

ノートはちょっともったいないので、書けるような紙を意識して集めておきます。
古くなった学校の連絡プリントとかも餌食に。
書きにくい紙は「早く使っちゃえ!」とばかりに、スピードがアップします。笑

自分でチェックテストをする

ひととおり書いたら…

きちんと覚えているか、チェックテストをしていきます。
自分で作ったチェックテスト・・・なのに書けないこともある、結構悔しいです。
その悔しさが大事!

回答も採点も「自分」ですから、ちょこっとカンニングしたり、eじゃなくてaだったなんていうのをセーフにしたり、
ごまかすことはカンタンですが、それをしないのがポイントです。
スパルタ先生になったつもりで、厳しく採点しましょう。

きちんと答え合わせしたあと・・・実はココがポイント。
覚えている単語と覚えていない単語を仕分けていきます。

覚えていない単語には「正の字」でチェック

「まちがった」「覚えていない」「ミスった」単語に印をつけて、ハッキリとわかるようにしておきます。

私の場合、覚えていない単語には、単語帳の該当部分に「正」の字を一本ずつ書きました。
まちがった回数まで分かってしまうんです。

「正」の字が完成したら、5回も間違ったことになるので、「一」「T」くらいでクリアしたいものです。

「正」の字のほかにも、「五芒星(五角星)」「アスタリスク(*)」など色々な方法がありますよ。
星の印にすると、まちがった単語がキラキラする感じで、目立ちますね・・・

次の日は復習からスタート

翌日の学習は、前日までの単語の再チェックから始めます。

前日につけた「正」の字などのマークがカギ。
すべてを復習しようとすると負担が大きいので、チェックを活用しましょう。

やり方は簡単。

まちがったマークが入っているものを、もう一度小テストします。
また覚えていなければもう一本「正」の字を加えておきます。

週末には総復習


週末は、チェックが入っている単語をさらに確認していきます。
また覚えていなければ、さらにもう一本正の字を加えておきます。

こうすれば、自分が苦手な単語がどれなのか、イヤでもわかるようになります。

1週間もがんばると、かなりの単語量が頭に入っています。

頭に入った単語の「量を目で確認できる」

これも、やる気を維持するヒケツです。

週末の総復習は、「1週間のまちがったものをチェックする」というだけでなく、
週間で覚えた単語を知り、達成感を味わうという大事な役割があるんです。

模試や入試本番前は正の字チェックの入った単語を確認

模試や入試本番前の休み時間、短い時間で単語帳全てを復習するのは困難です。
ここでまた「チェック」を活用できます。

たくさんチェックの入っているものだけ確認していけばOK。
直前でも効率よく必要な勉強ができますよ。

片野式英単語の覚え方、いかがでしたか?
(勝手に命名してみました)
気に入った部分があれば、ぜひマネしてみてください。

四谷学院では、スマホ教材も開発!
「英単熟語 暗記マスター/リスニングマスター/暗唱英文500 」で反復学習が効率的にできます。

詳しくは毎日実施の入学説明会でもお話します。まずはお気軽にホームページをご覧ください。

現役合格なら!
大学受験予備校 四谷学院

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス 教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ