東北大学工学部に合格するための塾を探している方へ|お子様の受験勉強を支えた保護者体験談!大学受験予備校四谷学院

  公開日:2020/12/24
最終更新日:2021/01/08


※この記事は約7分で読めます。

四谷学院で合格した先輩の保護者の体験記をご紹介するこのコーナー。
今回ご紹介するのは、東北大学工学部に合格したくんのお母様のストーリーです。

保護者様からのメッセージ

ゲーム・動画漬けの息子が現役合格!!わからないところを教えるだけではない。「わからないところがどこなのか」を気付かせてくれるのが55段階。それが他のどの塾にもない最大の魅力でした!

 

保護者インタビュー

  実際に、お話を聞いてみました。


四谷学院に入る前は何かに対して悩んでいましたか?お子様はどんな状況でしたか?


高校生になってもゲームや動画を楽しんでやる気を出さない息子に、何度も塾に通わなくてもいいのかと促していましたが、その気がなかったようです。本人に全て任せると決めていたので、無理強いはしませんでしたが、とても不安を感じていました。

どのようなきっかけで四谷学院を知ることになりましたか?

高校2年の春ごろ、本人から塾に通いたいと話がありました。クラス授業形式の塾は嫌だと本人が言ったので、個別指導形式の塾を中心にいくつか体験授業や短期講習に参加させました。その中の一つが四谷学院でした。

四谷学院の評判やクチコミはいかがでしたか?

知り合いの親御さんから「四谷学院は基礎からやり直せるから、どこで自分が躓いているのかがわかるからいい。」と聞いていました。CMでもそう言っており、良さそうだな~と感じて息子に勧めました。

四谷学院を選んでいただいた決め手は何でしたか?

数ある中から本人の決め手となったのは、中学の基礎の基礎からやり直せる55段階が魅力だったようです。最初に訪れた入学説明会で、分かっているつもりでも勘違いしている小さな躓きに気付かされ、四谷学院に通ってみたいと思ったようです。

実際始めてみてどうでしたか?

55段階はあまり縛りがなくて、順番に関係なく自分がやりたいところから埋めていったり、自分のスピードでわかるところはドンドンと進められ、また躓いた点を後から復習テストで習熟度を何度も再確認できるのが良かったようです。

個別塾では、わからないところを丁寧には教えてくれるようですが、「わからないところがどこなのか」を気付かせてくれるのが55段階で、それがどの塾にもない最大の魅力でした。また、四谷学院の自習室は机や椅子がとてもしっかりしていて、他塾に比べて居心地がとても良かったそうです。
自習室はとても集中出来るようで、入塾してからは授業のない日も毎日朝から夜まで通っていました。

毎週保護者に届くメールで、自習室利用状況や通塾状況が確認でき、保護者としても安心でした。また、シーズン毎の講習はたくさん勧められるものだと覚悟しておりましたが、本人の希望をしっかり聞き入れて、本人にとって必要な講習しか勧めない点も、親としてはとても安心してお任せ出来ました。最後の月は無料で55段階が受け放題になるのも、うまく利用させて頂いていたようで、最後の最後までしっかり見ていただけた結果が現役合格へとつながったのだと思います。

お子様へのアドバイスや親として気をつけたことなどはありますか?

塾から帰宅すると一切勉強はしないスタイルは変わりませんでしたが、言い争いになるので、そこは何も言わず堪えました。本人を信頼し、四谷学院にお任せしておりました。年に数回、四谷学院の受験コンサルタントから報告がありましたので、進路に関して気になる点はそこで相談し受験コンサルタントから声をかけてもらうようにして、本人から言ってくるまでは何も言わないように心掛けていました。

模試の結果も言ってくるまでは聞かないようにしていましたが、好成績の時だけは報告がありました(^^;)。あとはこっそり鞄の中を見て確認していました。

合格はどのようにお知りになりましたか?またその時の感想を教えてください。


「お母さんが見て」と言われましたので、私が携帯で確認しました。受験番号がなかったのでショックで、本人にも確認しなさいと携帯を渡すと、私が見ていたのは違う学科だったようで、見事第一志望に合格しておりました(*^o^*)

高校1年からずっと希望していた大学・学科だったので喜びもひとしお!
私立はどこも受けない!浪人は絶対にしたくない!志望大学は下げない!と訳のわからないことを言っていたので、無事合格してホッとしました。

これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージをお願いします。

親としては不安な事がたくさんありますが、当事者である本人の決めた塾に任せるのが一番だと思います。親はしっかり健康管理をして見守り、少し手助けするだけで良いかと思います。頑張ってください。

私たちが自信を持って四谷学院のシステムをお勧めできる理由


私たちが自信を持って四谷学院のシステムをお勧めできる理由。

1つは、毎年多くの生徒が本人も驚くほど学力を伸ばして志望大学に合格していること。

そしてもう1つは、そうした生徒や保護者の方、学校の先生が、良い口コミを広げてくださっていることです。

「成績が伸びなくて悩んでいたら、四谷学院でやってみたらと勧められました」
「同じクラスの子が〇〇大学に合格して、四谷学院に通っていたと聞いたので」
という生徒さんや保護者の方が多くいらっしゃることは、私たちの励みにもなります。

ここでは、お子様の卒業時に保護者の方からいただいたメッセージの一部を、許可をいただいてご紹介します。

東京大学合格 大熊 拓海くんのお母様
息子は英語の成績が著しく悪く、「戦争に負けたから英語を使わなくてはいけなくなった」なんて言い出す始末。そんなある日、中学の同級生のお母さんにたまたま会うことがあり、その話をしたら四谷学院を教えてくれました。基礎を一つひとつ確認しながら進められる55段階を知り、藁にもすがるつもりで四谷学院に決めました。

早稲田大学合格 小長谷 智輝くんのお父様
四谷学院を選んだ理由は、高校、および以前通っていた塾の先生のアドバイスです。本人の性格・習熟度に合った予備校ということで紹介していただきました。第一志望に合格できたときは、大変喜んでいました。そしてそれ以上に四谷学院に電話した際、受話器の向こうから職員の皆さんの歓喜の声が聞こえたときは、何より有り難く嬉しかったです。

九州大学合格 山田 のぞみさんのお母様
当時、四谷学院に通っていた生徒さんに「自分は四谷学院を選んでよかったと思う」と聞いたのは好印象でした。よく聞くとその人は福岡のトップ校を卒業していて、別の大手予備校なら特待生で入学できたはずなのに、そこに行かず四谷学院を選んだという事はそれだけの予備校なのだろうと思いました。

ご兄弟での入学が多いのも四谷学院の特長


ご兄弟で四谷学院に通われている方が多いのも、四谷学院の特長の1つです。

東京大学合格 大島 真理佳さんのお母様
娘の受験に対する不安はさほどありませんでした。というのも、私には娘が2人いて、上の子が四谷学院の55段階システムを利用して合格を勝ち得たという経験を直に見ていたからです。自分の進捗状況が実感として分かるのが娘の性格にぴったりだったようで、「今日は1コマで何級分合格した!」と嬉しそうに報告してくれました。

高知大学医学部合格 田中 章博くんのお母様
4年前に姉が浪人したときに四谷学院でお世話になり、文転を決意して京都大学法学部に合格しました。ですので、息子が浪人するときは四谷学院にお世話になろうと、親子共々決めていました。合格を知ったときは、「おめでとう!」の後は涙があふれて言葉になりませんでした。合格者数の少なさと番号の抜け方を見て、改めて「よくぞ受かった」と感激しました。

京都大学合格 吉田 玖瑠美さんのお母様
某大手予備校では遠い存在の先生が、四谷学院ではすぐ目の前で熱心な授業をしてくださる。まさに理想としていた予備校でした。我が家は4人姉妹なのですが、姉妹でも性格はもちろん、勉強の仕方も違います。それぞれの個性に合ったペース・勉強法で進めてもらえる四谷学院なら、安心してお任せできる。という訳で、現在は妹も四谷学院でお世話になっています。

予備校選びが合否を左右する

大学受験では、「予備校選びが合否を左右する」といわれます。もし間違えれば、時間もお金も無駄にすることになります。

その重要な場面で、四谷学院のことを勧めていただいていることは、私たちの誇りであり、選んでくれた生徒たちに本当に行きたい大学に行ってもらおうという強い想いになります。

学習塾や予備校は、それぞれ授業の仕方や合格戦略が違います。お子さんが成績を伸ばすためには、「お子さんに合った予備校」を見つけることが大切です。

四谷学院では、経験豊富な受験コンサルタントが入学説明会・個別相談会を行っています。保護者の皆様もぜひお越しください。保護者様のみのお越しも歓迎しております。


合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※説明会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料でパンフレットをお送りします

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  保護者体験談  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ