通信制高校と高卒認定のどちらがいい?メリットとデメリットをわかりやすく

最終更新日:2024/05/13

※この記事は約7分で読めます。

こんにちは、四谷学院の受験コンサルタント田中です。
通信制高校のメリットとして「ほとんど通学することなく高卒資格が取得できる!」と聞いたことがあるかと思います。それと似た話に、「高認試験なら、自宅で勉強して合格すれば高認資格が取得できます」というものもあります。
「通信制高校で高卒資格を取る」「試験を受けて高認資格を取る」、この2つにはどのような違いがあり、どちらを選ぶのがいいのでしょうか?

この記事では「高卒資格」と「高認資格」について、それぞれ詳しく解説していきます。

資格の違い

通信制高校で得られるのは「高卒」の資格です

まず「通信制高校」について確認しましょう。通信制高校とは、高等学校の通信制課程のことです。正式名称は「○○高等学校通信制課程」となり、「通信制高校」というのはいわゆる通称です。卒業すると、全日制高校や定時制高校などと同じ「高校卒業資格」を取得することができます。つまり、卒業証書には同じ「○○高等学校○○科卒業」と記載がされます。

履歴書に記載する時には、「学歴」の欄に「○○年3月○○高等学校卒業」と書きます。その後に「通信制課程」と書く必要はなく省略されるのが一般的ですから、履歴書を見た時には通信制かどうかはわかりません。

高認試験で得られるのは「高卒認定」の資格です

「高等学校卒業程度認定試験」は、文部科学省が実施する国家試験です。正式名称が長いので「高卒認定」とか「高認」と呼ばれることもあります。試験に合格すると、大学・専門学校や国家資格の受験資格を得ることができます。学歴というよりも資格に近いと考えるとよいでしょう。

なお、履歴書に記載する時には、「学歴」の欄に「○○年○月高等学校卒業程度認定試験 合格」と書くことができます。あるいは「資格」の欄に書いてもかまいません。

こちらの記事も参考にされてください。
▼「高卒資格の意味と高認の違いとは?高認の基礎知識と合格後の進路」
https://yotsuyagakuin-kounin.com/blogs/basic-knowledge/

自宅で勉強したいなら

通信制高校にはスクーリングがあります

通信制高校には多様な学び方がありますが、多くの場合、インターネットなどを活用して自宅で学習を進めます。毎日校舎・キャンパスに通わなくてもいい、というわけです。

ただし、スクーリングと言って年間7~20日程度は校舎や学習センターなどに通う必要があります。合宿形式のスクーリングを行っている学校もあります。

高認は年に2回8月と11月に試験があります

高卒認定試験は、必ずしもどこかに通う必要はなく、自宅で勉強することができます。試験当日だけ会場に行って受験すればOKです。試験は年に2回、8月と11月に行われ、2日間に渡ります。受験する科目の試験時間になったら教室に行き、終わったら帰ってくるだけです。

ただし、各都道府県に数か所しか会場が設定されていない場合もあるので、自宅から遠い場合には宿泊も必要となります。

青春を楽しみたいなら

通信制高校のサポート校を活用

通信制高校は通信教育なので自宅学習がほとんどです。なかなか一人で勉強するのは難しい・・という場合、サポート校を活用することができます。そこでの活動を通じて友達をつくり、青春をエンジョイすることもできます。

通信制高校のサポート校とは
サポート校は、通信制高校の「卒業」をサポートするための学校です。通信制高校に特徴的なレポート課題の作成のアドバイス・フォローを受けたり、1人で挫折してしまいそうな場合には精神面のサポートも受けたりすることができます。

高認受験は時間が自由になる

高認試験を受けることの大きなメリットは、学校の授業がない分、自由時間も多いということ。自分の好きなことや趣味に没頭したり、それらを通じて友達ができたり、また、高認試験対策専門の予備校や塾で友達をつくることも可能です。早めに大学受験の対策をしたりアルバイトをしながら勉強したりしている人もいます。

最短で勉強したいなら

通信制高校は3年以上かかります

通信制高校を卒業するためには、3年以上高校に在籍する必要があります。つまり、最短でも3年かかります。比較的柔軟にカリキュラムが決められますが、たとえ1年生のうちにたくさんの単位を取ったとしても、3年未満で卒業することはできません。
また、通信制高校の多くは、「単位制」を取っており、決められた単位数を修得し、特別活動(スクーリング)に参加しなければ、卒業することができません。そのため、卒業までに3年よりも多くかかってしまうケースは珍しくありません。

高認は最短4か月で取得できます

高認は、年2回受験のチャンスがあり、試験に合格さえすればいつでも「高認資格」を取得することができます。例えば、4月に学習をスタートして8月の試験で合格すれば、その年の大学受験を目指すことも可能です。(※ただし、大学受験には年齢制限があります)

四谷学院の高認コースとは
四谷学院には高認コースが設置されており、1年以内での高認試験合格を目指します。最短4か月で合格する生徒も珍しくありません。
高認合格後は、大学受験コースに合流することができます。

費用をかけずに勉強したいなら

通信制高校は年間およそ○○円

公立の通信制高校の場合は年間5万円程度、私立の通信制高校の場合10万円以上で、30万円ほどかかることもあります。公立よりも私立の方が断然高くなりますが、その分充実したサポート体制や豊富な学習コースが用意されています。

公立・私立を問わず、高等学校等就学支援金制度を利用することが可能で、対象となれば授業料が無料になることもあります。

高認試験の受験料は○○円

高認試験の受験料は、科目数によって異なりますが、全科目受験の場合は8,500円です。
教材は自分で用意するか、予備校やスクール・通信講座を受講するのであれば授業料に含まれます。

▼高認資格取得にかかる費用は?

高認資格取得にかかる費用は?

大学進学を目指したいなら

基礎から学ぶ重要性

通信制高校からも、高認生も、大学進学はもちろん可能です。多くの高校生が予備校や塾に通っているように、大学受験対策のために予備校に通うと効率的に学習ができます。予備校に通うことで、一緒にがんばる友達ができた!という声もよく聞きます。

また、学習内容やレベルについて、通信制高校・高認試験と大学受験の溝を埋めていく必要があります。高認試験の出題レベルは高校1,2年生程度と言われており、いきなり大学受験の塾や予備校に入ったとしても、大学受験対策の授業についていくことが難しい場合も多くあります。

基礎固めを行うためには、通信制高校であれば、1年目2年目の在学中から予備校に通い、大学受験対策を早めにスタートするために、基礎を固めておくとよいでしょう。
高認生であれば、高認試験合格後にできるだけ早く基礎固めを行い、その後大学受験コースに合流するとよいでしょう。

進路指導サポートを活用する

通信制高校の場合、大学進学のための進路指導が十分にサポートされていない場合があります。また、高認生の場合にも、特に独学で合格した場合には、大学受験に関する情報は自分自身で集めなければならず、負担も大きくなります。

情報集めはできたとしても、そこから何を選ぶべきか迷ってしまった時の相談先がないというのが、かなりのデメリットとなります。受験生は精神的にもプレッシャーがかかりますから、予備校や塾でアドバイスをもらったり、相談にのってもらったりすることで、志望校合格が現実的になってきます。

受験コンサルタントに相談しよう

四谷学院では、大学受験プロである受験コンサルタントが一人ひとりに合ったアドバイスを行います。

  • ・通信制高校出身の先輩の学習データを参考にする
  • ・高認から難関大に合格した先輩の学習ノートを見せてもらう
  • ・同じような悩みを持っていた先輩がどう乗り越えてきたか体験談を教えてもらう

実績のある四谷学院だからこそ、あなたが今必要としている情報を提供することができます。何よりも、あなたを全力でサポートする受験コンサルタントの先生にパワーをもらうことができますよ!

参考記事

▼通信制高校からの大学受験・大学進学とは?大学受験を目指すのは難しい?

通信制高校からの大学受験・大学進学とは?大学受験を目指すのは難しい?

▼高認合格後の進学!どこの大学でも受験できる!?

高認合格後の進学!どこの大学でも受験できる!?

大学受験合格ブログ編集部

このブログは、大学受験予備校の四谷学院の「受験コンサルタントチーム」「講師チーム」「受験指導部チーム」が担当しています。 大学受験合格ブログでは、勉強方法や学習アドバイスから、保護者の方に向けた「受験生サポート」の仕方まで幅広く、皆様のお悩みに役立つ情報を発信しています。

合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

こんな記事も読まれています

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  通信制高校からの大学受験  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ