MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 秋元 仁くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2016年合格者[国公立理系]

秋元 仁くん
秋元 仁くん (私立東京農業大学第一)
  • 東京工業大学第7類

着実に苦手を潰し、得点を上げる。それには科目別能力別授業+55段階のダブル教育が最適!思考力・発想力を鍛える双方向の授業でE判定からB判定までになりました!!

着実に力をつけたいならダブル教育が最適!!

四谷学院を選んだ理由は何ですか?

苦手なところを1つずつ確実に潰し、自分の得意なところを1つでも多く増やすために、四谷学院の55段階と科目別能力別授業が最適だと思ったからです。

日増しに高まる、発想力と表現力。模試判定はEからBに!

実際にやってみてどうでしたか?

55段階は教科の中でも内容がさらに細分化されているので、「苦手科目」とひと括りにしていた科目の中でも自分の得意な分野と面白い範囲を見つけられ、モチベーションを高く保つことができました。また苦手なところ、学校の授業ではわからなかったところも、的を絞った先生の解説で理解することができ、苦手分野が1つずつ減っていきました。

クラス授業はどうでしょう?

授業では「今学習していることがどんな風に活かされているか」を教えてくださったり、当初は「先生が生徒に教える」一方向だった授業が、日を追うごとに「先生の質問を必死に考え、生徒が答える」双方向の内容に変わっていきました。そのおかげで、自分の発想力や表現力が日に日に高まっていくのを感じ、模試判定がEからBまで上がりました!

授業を徹底的にモノにする。僕がやったのはそれだけです。

飛躍的に伸びましたね!秋元くんはどういう風に勉強していたんですか?

55段階ではあらかじめ、テスト分野の中でわからないところを書き出しておき、その原因が知識がないためなのか、理解が浅いためなのかなど、様々にメモしておくことで先生の解説をスムーズに理解する準備をしておきました。

55段階の「予習」プロセスを十二分に活用していますね!クラス授業は?

先生が板書していない言葉でも、論述で活かせそうなものなどはピックアップして、家に帰ってから授業を再現できるように心がけていました。

余計なことに時間をかけず、授業と55段階に集中したことが成績アップの秘訣だったんですね。合格を知ったときはどうでしたか?

合格の自信は全くありませんでしたが、「やりきった」という気持ちだけはあったので安心しました。受験に必要なので苦手科目も勉強してきましたが、大学生になったら自分の得意分野を中心に勉強できると思うと大変嬉しいです。

いつも声をかけてくれる先生方のおかげで頑張り抜けました!

勉強以外にもやりたいことはありますか?

高校の間に学んだ様々なことを活かし、大学でできる最大限のことをやって、夢を叶えたいと思います。海外留学もしたいですね!

どんどん夢が膨らみますね!最後に、受験を振り返っての感想をどうぞ。

正直、大学受験を辞めたいと思ったことも何度かありました。ですが、いつも本気で自分に向き合ってくれた先生方のおかげで、受験生として頑張り抜くことができました。ありがとうございました!

△このページのトップへ