MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 関根くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[私立文系]

関根
関根 (県立川越)
合格大学
  • 早稲田大学政治経済学部
  • 明治大学法学部
  • 明治大学文学部
  • 法政大学文学部

勉強大嫌い人間だった僕が、総合偏差値20アップ!英語は100点アップして、世界史は模試で満点に!段階的に学習し、自分専用の指導を受けられるのが55段階。このメソッドで基礎を固められたから、成績が伸びました。

四谷学院のメソッドなら、誰でも志望校に合格できる!

現役合格、おめでとうございます!

ありがとうございます!入塾時の、勉強大嫌い人間だった自分を変えてくれたのは、四谷学院でした。他の予備校にはない独自のメソッドは、やる気さえあれば誰でも志望校に合格できることを教えてくれました。先生方にも感謝しかありません。

四谷学院入学前の関根くんは、高校生活エンジョイに全力だったとか。

そうなんです。憧れの高校に入学して満足してしまい、やる気の全ては部活・行事・趣味に……。気づいた頃には成績が学年の下位1割にまで下がっていました。授業についていけなくなり、いろいろな予備校のパンフレットを見た結果、「ここならいけるのでは?」と思ったのが四谷学院との出会いです。説明会で四谷学院のメソッドを聞き、「やはりここしかない!」と、その場で入学を決めました。

55段階は、「自分専用」の指導。偏差値50台→73の伸びをマーク!

実際、どんな点が良かったですか?

段階的に入試に必要な知識を蓄えられる55段階は、本当に良いシステムでした。中学レベルの知識から始めていくのですが、得意だったはずの英語では、まさかの44級で足踏み。正直ショックでしたが、「こんな基礎もできないのに応用ばかりやっていたから、実力がつくはずもなかったんだ」と気づけたのは大きかったです。先生も僕のミスしやすいところを把握しており、まさに「自分専用」の指導をしてくださいました。

基礎を積み重ねることの大切さを、実感してくれたのですね。

その通りです。基礎をしっかり固めることを念頭に55段階を進めた結果、高1の1月は50台だった総合偏差値が高3の10月に73.2に。高1のときは全ての模試でE判定だった僕が、最初は半分冗談のつもりで志望校にした早稲田大学で、A判定が出るようになりました。ここから勉強にも熱が入り、勉強が苦しいと思うことはなくなりました。進路指導の先生は僕が第一志望に受かるためにどう勉強すれば良いのか一緒に考えてくださったし、部活は高3の5月末まで、週6日の陸上競技部を続けられました。

英語が100点アップ。四谷ならこれ以上の伸びも可能!

関根くんはテキストもかなり使い込んでくれていましたよね。

入試に必要な知識がわかりやすく説明されていたので、ページがとれるくらいまで繰り返し読み、繰り返し問題も解きました。英語は使ううちに長文や会話文も自然と点がとれるようになっていき、入塾前78点だった筆記がセンター本番では100点アップ。世界史は僕の絶対的武器となり、9月の模試で満点をとれました。

最後に、メッセージをどうぞ!

僕は偏差値を17.5、英語の点数を2倍以上に引き上げることができました。四谷学院なら誰でも、これ以上の成績アップだって可能です。ぜひ四谷学院をフル活用して、志望校合格をその手でつかみとってください。応援しています!

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ
この他の合格体験記

△このページのトップへ