MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

自宅学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 福光くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[私立文系]

福光
福光 (私立聖徳学園)
合格大学
  • 早稲田大学政治経済学部、国際教養学部
  • 上智大学総合グローバル学部、外国語学部

E判定からの逆転合格で第一志望から第三志望まで制覇!赤点ギリギリ、低空飛行だった苦手科目を克服。55段階は入試に必要なポイントを志望校別に絞り込んでいて解くほどに本当に大事なことが見えてくるシステムでした。

高1からつまずき、赤点ギリギリ低空飛行だった苦手な古典。

入学前の状況を教えてください。

母親の影響で英語はできていたものの、古典は高1のときにつまずいて以来、赤点ギリギリの低空飛行。日本史も平均に追いつくのが精一杯という有様でした。

四谷学院を選んだ理由は何ですか?

高3になってそろそろ予備校を探そうと思い、自分のペースで1から進められる55段階が古典の成績アップに役立つと考えて入学しました。

本当に必要な問題だけだから理解力が格段にアップ!

実際に始めてみてどうでしたか?

やってみると、高1・高2でわからずにすっ飛ばしていた部分を段階的に理解できるようになり、定期試験の点数も上がるようになりました。

55段階は今までのやり方と何が違ったのでしょう?

範囲全てを詰め込んだような他のテキストと違い、55段階の問題は本当に入試に必要なポイントを志望校別に絞り込んであり、何度も解くうちに「こういうものか」と思えるようになってきました。

必要なものを必要なだけ解くというのはとても重要ですよね。

あとは、やる気が出る環境が整っていたのも合格を後押しした要因だと思います。それまでは試験前だけ学校の図書室で勉強していましたが、騒がしくてあまり集中できませんでした。しかし四谷学院には、勉強しようという雰囲気のある自習室、相談に応えてくれる講師陣、面談で士気の高まる言葉がけをしてくれる担任の先生がいました。

E判定からの逆転合格!!第一志望から第三志望まで全て受かりました。

四谷学院をフル活用してくれた結果の合格だったのですね!

はい。模試ではE判定が続いていたのですが、根気よく続けた結果、第一から第三志望に合格することができました。

それはすごいです。合格を知った瞬間のお気持ちは?

サイトがなかなか開かず、番号を確認したときは喜びや驚きよりも「あら」と口から出ました。この1年の肩の荷が下りたように思い、英語の勉強で大きな助けになってくれた母に誇れると思うと、静かに実感がわいてきました。

本当におめでとうございました!

モチベーションを維持する手助けをしてくれた担任の先生、理解できない部分を何度も繰り返し教えてくれた55段階の先生方には大変お世話になり、感謝の念に堪えません。

今後の展望を教えてください。

政治学科に進むというのもあり、高校までの教科書通りの授業から離れ、議論や留学を通して自分の考えというものに一層の磨きをかけたいです。将来は英語の技能を活かして、外資系や航空業界などに進んでみたいです。

最後にメッセージをお願いします。

これから受験勉強を始める人は、55段階で自分の弱点を探し出してください。どんな難問でも理解できるようになると思います。

△このページのトップへ