MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 石原さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2017年合格者[歯学]

石原
石原 (私立愛知淑徳)
  • 長崎大学歯学部

高校受験がなく、中学時代を享楽的に過ごしていた私。全く身についていなかった範囲も55段階でやり直して、総合594→681点、英語は偏差値10アップで8割超え!生物も最高偏差値69.8まで伸び、志望校E→B判定に!

中学時代を享楽的に過ごした私。四谷は雰囲気が良く、入学を決意。

入学前の状況を教えてください。

私は中高一貫校に進学したので、高校受験がなく、中学生活を享楽的に過ごしてしまっていました。だから高校生になったタイミングで、勉強しはじめようと思い、四谷学院に入りました。

四谷学院を選んだ理由は?

親しみやすい雰囲気があったからです。他の予備校にあった殺伐とした空気がなく、説明会の印象も良かったことが決め手になって、四谷学院を選びました。

学校で習ったけど身についてない…。そんな分野も55段階でやり直して、成績アップにつながった!

実際の授業、いかがでしたか?

55段階では、科目の不安な部分をやり直すことができたのが良かったです。例えば数学Ⅰは中学3年生のときに学校で習ったものの、私は全く身についていませんでした。

基礎からやり直せるのが55段階のいいところですよね!

はい!55段階で数学Ⅰの二次関数を理解すると、数学Ⅱの図形と方程式もわかりやすく感じられるようになって、驚きました。

クラス授業はいかがでしたか?

高校1年生のときの英語のクラス授業は、たった8人のクラスでした。おかげで違う高校の友達もできたし、授業も面白かったです。先生方も、質問したらいつも丁寧に対応してくださいました。優しい人が多くて良かったです。

英語は8割超えで総合87点アップ!志望校判定はE→Bに!

成績の伸びを教えてください。

総合は594→681点にアップしました。英語は偏差値10伸びて8割超えするようになりましたし、生物は最高偏差値69.8を出しました。志望校判定もE→Bになりました!

素晴らしい伸びですね!

担任の先生方も、成績が上がると褒めてくださったので、やる気が出ました。反対に、成績が伸び悩むときは、どこを改善すれば良いのかを指摘してくださいました。精一杯頑張っているつもりになるだけではなく、成績を上げるためには客観的な評価も必要なのだと思いました。

将来は歯学研究者として、材料開発や実用化に携わりたい!

合格を知ったときの気持ちは?

とてもほっとしました。受験勉強中、私は志望校を変えたいとか、私立大学は受けたくないとか、歯学以外は考えられないとか、わがままばかり言っていたけれど、全部受けとめてくださった四谷学院の担任の先生には、本当に感謝しています。

今後の目標を教えてください!

私は将来、歯学研究者として活躍したいと考えています。具体的には、歯科材料の開発や実用化に携わりたいです。そのため、大学では、生体材料学や歯科補綴学を中心に、一生懸命、学業に取り組みたいと思っています!

△このページのトップへ