MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 吉田くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[薬学]

吉田
吉田 (県立船橋)
合格大学
  • 千葉大学薬学部
  • 慶應義塾大学薬学部
  • 東京理科大学薬学部

総合点が約100点アップして、高1から念願の千葉大薬学部に現役合格!55段階で弱点を克服し、記述力を磨いたことが、志望校の合格につながりました。

主体的に学ぶ姿勢が自然と身につき高1からの第一志望に現役合格!

現役合格おめでとうございます!吉田くんは受験を通してどんな点で成長したと感じますか?

ありがとうございます!そうですね、四谷学院での受験を通して、効率を意識するようになりましたし、何より主体的に勉強する姿勢が身についたと思います。

良いですね!どのように主体性が身についたのですか?

はい。進路指導の先生との面談で、合格した先輩のデータをもとに55段階の目標ペースや自分の弱点を示していただいたので、自分でも成績を上げるためにどこを重点的にやれば効率良く成績を上げられるかを意識しながら勉強するようになりました。そのおかげで、自分で自分を分析しながら進めていくようになり、次第に主体的に考えて学習する習慣が身についたと思います。

成績はどのくらい伸びましたか?

高3の5月のマーク模試では総合点が653点でしたが、センター本番では755点と約100点伸びました。

合格できたのは、55段階での弱点克服と、細やかな記述指導のおかげです。

振り返ってみて、どんなことが合格に結びついたと感じますか?

55段階のおかげですね。55段階を進めることで、自分の弱点を早い段階で見つけて先生に質問に行き、弱点を克服し、強みに変えることができたからだと思います。

千葉大の薬学部は二次試験で求められる記述力のレベルも高いですよね?

そうですね。記述力についても55段階でかなり磨かれたと思います。最初は的外れな解答をしてしまうこともあったのですが、そのときは、先生がその問題はどの範囲の問題で、何を聞かれていて、何を答えるべきなのか細かく指導してくれました。そのおかげで、合格するために欠かせない要素や、どのような答案に仕上げれば良いのかがわかり、記述で得点するコツを吸収して自分の力にすることができました。

先生のアドバイスや励ましが力に!

順調に合格に向かっていったようですね。

実は、順調なときばかりではなく、模試の結果がふるわなかったり、高3の秋にはスランプに陥ったりもしました。そんなときは進路指導の先生が次につながるアドバイスをくれたり、また立ち上がれる力を与えてくれたりしたので、自信をもって入試まで学習に取りくむことができました。

合格を知った瞬間のお気持ちは?

インターネットで確認したのですが、合格がわかったとたん喜びがこみあげてきました。今まで頑張って良かったです!

最後に将来の夢と大学での抱負を聞かせてください。

将来は薬剤師の資格を取得し、人々を救う薬を広く普及させたいです。そのためにまずは大学で、勉学に励んでいきたいと思います!

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください