前の記事 » 
次の記事 » 

忘れっぽい人でも暗記が得意になるコツ②

  公開日:2017/07/03
最終更新日:2018/01/30

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは。四谷学院の奥野です。

前回は、暗記が得意になるコツとして、自分に合った覚え方を見つけることの重要性を紹介しました。
暗記が得意になるコツ①

今回はその続き、暗記が得意になるコツ②についてお話ししていきます。

エビングハウスの忘却曲線

生徒から、こんな質問もされることがあります。
「覚えても忘れてしまう場合はどうすれば良いですか?」

ここでキーワードとなるのが「エビングハウスの忘却曲線」というものです。

簡単に言うと、人間は覚える生き物であると同時に、忘れる生き物でもあるということです。
例えば、今日英単語を10個覚えるとします。
覚えてから1時間後に10個覚えているかの確認をします。

すると、
なんと半分以上忘れているのです!
10個覚えたのに、1時間で5個以上忘れます。
さらに経過して、明日には、どのくらい記憶に残っているでしょう?
忘却曲線に沿って考えるのであれば、答えは2~3個ですね。
人間が覚えたことは、1日経つと74%忘れているということです。

覚えなおす

覚えようとしているのに、そのそばから抜けていく。
では、どうすれば良いのでしょう?

そう。抜けたものを再度記憶に入れなおせば良いのです。
つまり、「覚えなおす」

ですが、ここで重要なことがあります。
それは、忘れたことを「いつ自覚するか」です。

「あれ、これこの前やったはずなのに、思い出せない!」
暗記に苦戦している人の大半は、本番(テスト)の時に初めて、忘れたことを自覚します。
それでは点数をとれるはずもないですよね。
となると、もっと早くから忘れたことを自覚して、覚えなおす作業に移らないといけません。

間違った覚え方

英単語を例にとって説明します。

●生徒がよくやる間違い
・個数やページ数を決めて、毎日先へと進めていく
・単語帳を一周したら、また最初からやり直す
個数やページ数を決めるのはいい事です。何も決めずにやると、単語だけに時間を費やしてしまうことになりかねません。
問題は、「毎日先へと進めていく」です。
つまり、昨日までに覚えた英単語は、単語帳を一周するまで全く振り返らないということになります。

先ほどの忘却曲線を思い出しましょう。
昨日やったはずの単語でさえ半分が抜けているんですよ?
一周するまで覚えなおさないなんて、まさに自殺行為です。

理想的な暗記法

ここで、理想的な暗記法を簡単にまとめてみましょう。

●忘れる前提で覚える暗記法
・昨日覚えた分の再確認の時間を取る(忘れたことを自覚)
・忘れていたものは再度覚える(覚えなおし)
・その上で新しいものを覚える
・翌日もその繰り返し
・1週間程度で、その週に覚えたものを一通り再確認する

今暗記で苦戦しているみなさんも、ぜひ暗記のコツ①と共に、この暗記法を実践してみてくださいね。

暗記が得意になるコツ①

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス 受験生の悩み  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ