大学受験に向けての勉強は、優先科目を見極めることが大切!

  公開日:2019/08/09

※この記事は約3分で読めます。

大学受験に向けての勉強を効果的に進めるためには、自分にとっての優先科目を見極めることがとても大切です。けれども、もしかしたら受験生の皆さんの中には、「どの科目を優先したらよいのかわからない……」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、優先科目を見極める方法や、特に力を入れるべき科目などについて詳しく解説していきます!

 

まずは希望する大学の受験科目と配点を調べてみよう!

優先科目を見極めるためにまずしなければならないのは、自分が希望する大学の受験科目と配点を調べることです。大学や受験方法によって入試要項が発表される時期は異なりますが、国公立・私立どちらの場合も、6月頃~となっているケースが多く見られます。

入試要項が発表されたら、受験科目と配点をまずチェックしてみましょう。受験科目の中で配点が高く、かつ自分が苦手とする科目が、最優先すべき科目です。次に優先すべき科目は、配点は低いけれど苦手意識を持っている科目、というように優先順位を付けていきましょう。

このとき、具体的な内容を紙などにリストアップしながら行うと、より優先科目が見極めやすくなります。
また、各受験科目の合格最低点や平均点について調べておくこともポイントです。現在の自分の実力では、合格ラインに達するまでに時間がかかりそうな科目に関しては、早めに取り組むようにしましょう。

 

文系・理系ともに、特に力を入れるべき科目は英語!

優先すべき科目は人それぞれ異なるものの、文系・理系ともに特に力を入れるべき科目は英語です。
その理由は、英語は文系・理系ともに共通している受験科目であり、実力が付くまでにはある程度の時間を必要とすることに加えて、配点が高いケースが多いからです。

また、理系の場合は数学にも力を入れる必要があります。英語・数学ともに、得点差が付きやすく、ひとつの単元を勉強するためには、前後の単元と連携させて考える必要がある科目なので、余裕を持って勉強に取り組むようにしましょう。

 

優先科目は、そのときの状況に応じて見直すことも大切!

大学受験に合格するためには、優先科目を決めて勉強に取り組むことはとても大切ですが、注意しなければいけないことがあります。それは、優先科目は変わる可能性があるということです。受験勉強を進めていく中で、各科目の進捗状況によって臨機応変に変えていくことも大切なのです。
たとえば、優先科目が数学だったとしても、受験科目になっている物理でわからないままになってしまっている部分がある、といった場合には、一時的に物理を優先するようにしてみてください。そのほうが、受験科目を満遍なく効果的に勉強できるはずですよ。

 

受験勉強はまず優先科目の見極めから始めよう

毎年6月頃になると、各大学の入試要項が順次発表されていきます。志望する大学の入試要項が発表されたら、まず受験科目と配点、可能であれば各科目の合格最低点や平均点についてもチェックしてみましょう。

優先科目については、入試要項で得た情報と、こちらでご紹介してきたポイントを参考にしながら、決めていくようにしてみてくださいね。優先科目を正しく見極めるとともに、必要に応じて優先科目をその都度微調整していくようにすれば、受験科目が満遍なく勉強できるはずですよ。

四谷学院のダブル教育は「科目別能力別授業」と「55段階個別指導」で、志望する大学の合格へと導いてくれる力強いパートナーです。「科目別能力別授業」では、得意な科目、苦手な科目それぞれの理解度に合わせた授業が受けられるので、「苦手な科目の克服」「得意科目をさらに伸ばす」という両方が可能となっています!

四谷学院のダブル教育についてはこちら

四谷学院の55段階個別指導についてはこちら

個別相談会で詳しくご説明します

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※説明会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料でパンフレットをお送りします

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ