【生物】ミツバチの「社会」年寄りのミツバチは巣の外でハードワーク!?

  公開日:2021/09/01


※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の山中です。
今日は、「生物」の分野から、興味深い話をご紹介します!

ミツバチの“社会”

8の字ダンスで有名なミツバチは、シロアリとともに社会性昆虫の代表種です。

1つの巣は数万匹の働きバチ(ワーカー)と1匹の女王バチからできています。
この働きバチは全てメスで、様々な仕事を分担しています。
仕事内容は巣の掃除や建築、敵からの巣の防衛、花粉や水を集める採餌活動などです。これらの仕事は適当に分担されているわけではなく、若いハチは巣内での仕事、年寄りのハチは巣外での仕事をします。

いったいなぜなのでしょうか?
若さなど関係なく、みんなで仕事を分担するほうがより多くの仕事をこなせそうに思いますよね?

実はこの理由は・・・
巣外の仕事は巣内の仕事に比べて外敵や悪天候などの危険が多く、巣に帰れずに死亡する可能性が高いため、残りの寿命が短い年寄りのハチがその仕事をすることで巣全体のコストを小さくするためと言われています。

面白いことに、これらの仕事の分担は女王バチが命令しているわけではなく、個体間のコミュニケーションを通してそれぞれのハチが何をするべきかを判断し、巣全体としてうまく機能しています。

生物の一生の中で最も大切なことは、自分の遺伝子を次世代に残すことです。
そのためには過酷な自然環境を生き抜く必要があり、生き抜くための特徴を生物は持っています。一見どういう意味をもつのかわからない特徴も、実は私たちが気付かないところでその生物の生存に役立っていて、そうした特徴をもつ生物が生き残り、進化してきたのです。

受験生の皆さん、勉強は楽しんだ人勝ちです。
受験生物では確かに暗記しないといけない部分も多く、気持ち的に苦しいと感じることもあるかもしれません。ただそれ以上に、
「この仕組みってどうなっているんだろう?」
「なぜこんな仕組みになっているんだろう?」
という好奇心を大切に勉強していきましょう!


科目・能力別授業詳細はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ