前の記事 » 
次の記事 » 

あなたの頭の柔軟性は何点?受験に使える脳みそとは

  公開日:2017/11/08
最終更新日:2018/01/22

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは。四谷学院の片野です。

大学受験は、脳の格闘技です。
強さはもちろん、柔軟性も必要なんです。頭を柔軟に使えていますか?
今日は、ちょっとしたクイズをご紹介します。

脳の柔軟性クイズ


(1)「匹」この字に、せんを足して一桁の数字にしてください。

(2)「フリー」この字に、せんを足して一桁の数字にしてください。

(3)「ぶ」この字に、せんを足して一桁の数字にしてください。

(4)「3-5=8」せんを一度だけ動かして、正しい式にしてください。
ただし、せんを重ねてはいけません。

答え合わせ


それでは、答えあわせをしましょう。

① 4(漢数字の四になります)
② 3(スリーになります)
③ 7(せぶんになります)
④ 3=5-8
満点だった方:頭の柔軟性は完璧。この調子で。
2問正解の方:もう一歩!柔軟性を高めましょう。
1問正解の方:柔軟性に問題発生中!要注意です。
正解無しの方:今すぐ、柔軟性を高める対策が必要です。

同じような考え方をしていくると、ついつい考え方が偏ってしまいます。
このような状態を頭の硬直化と言います。

脳の硬直化は受験にも悪影響が!

数学で公式を教わったとき、例題は解けるのに応用問題になると解けなくなる・・・

たとえば・・・歴史の問題で、
「◎◎という背景で成立したのは何ですか?」という質問なら答えられるのに、
「●●が成立した背景は何ですか?」と聞かれると分からなくなっちゃう。

このような体験をしたことはありませんか?
これは脳が硬直化してしまっているのです。物事を複数の視野から見たり、使ったりするということが、まだできない状態です。

同じ公式を使う問題でも、視点を変えて様々な形式で演習していくことで、考え方が柔軟になります。公式の応用方法を体得することができます。

四谷学院の55段階個別指導では、さまざまなバリエーションでくり返し問題を解くので、解答に必要な柔軟な発想を磨くことができます。
55段階個別指導に少しでも興味がある方は、ホームページをチェックしてみてくださいね。

現役合格なら!
大学受験予備校 四谷学院

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ