前の記事 » 
次の記事 » 

あのバーゼル問題が大学入試に登場!

  公開日:2018/02/14

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の岩佐です。

あなたは「バーゼル問題」を知っていますか?
地球温暖化問題やエルサゲート問題・・・の「問題」ではありません。

バーゼル問題とは、数学の有名な古典的ともいえる問題で、解くのにおよそ100年もかかった問題です。この問題を解決したオイラー氏は多くの分野で業績を残した大数学者で、「オイラー」の名前のつく定理や公式も多数あり、「聞いたことある!」という方もいるかもしれませんね。

さて本題。この「バーゼル問題」が大学入試に出題されました。

バーゼル問題とその解決

こちらがバーゼル問題です。
平方数の逆数を限りなく足し合わせたときの収束先は?

というわけです。大数学者オイラーの答えは以下のとおり。

左辺には円周率が登場する気配がかけらもないのに、突如としてがあらわれるところが美しいですね。

高校の数Ⅲまで範囲で解けるバーゼル問題

「バーゼル問題」を解くには通常、大学で学ぶ数学を道具に用います。
これを高校の数学Ⅲまでの範囲で解けるようにした問題が、今年の東海大学医学部で出題されました。

その解法の中心部分を抜き出して解説してみましょう。
かなり長いので、気合を入れて式を追いかけてください。





どうでしょう。さすがに筋道が長くて大変ですね。
いささか出題者が趣味に走った感が無きにしも非ず、というところですが、直接和を計算することができないような級数に対して、不等式をうまく活用してその極限を計算する、というテクニックは入試でしばしば現れます。

現役合格なら!
大学受験予備校 四谷学院

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス 教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ