be to 構文の暗記ポイントは3つ!便利な訳し方も紹介

  公開日:2021/01/15


※この記事は約4分で読めます。


多くの受験生を悩ませるbe to 構文。“be動詞+to+動詞”と構造はシンプルですが、いくつも意味があり、しかもつかみどころがないため、苦手だという声をよく聞きます。

そこで今回はbe to 構文の5つの意味と便利な訳し方、そして和訳問題で頻出のif節内のbe to構文の訳し方について解説します。

 

be to 構文の5つの意味をマスターしよう

be to 構文には、予定・運命・義務・可能・意図という5つの意味があります。必ずしも見分ける必要はありませんが、知っておくと訳すときに役立ちます。

なお、語呂合わせとしては“ビート(be to)たけしはギヨウカイ(義務・予定・運命・可能・意図)人”“こいびと(be to)はカギヨウイ(可能・義務・予定・運命・意図)”といったものがあります。

 

予定:「~することになっている」「~する予定だ」

be to構文で最も多いのが、“予定”です。不確実な予定ではなく、確実な予定に使います。文中に未来の日付や時期に関する語句があったら、予定の意味と考えていいでしょう。

例:We are to arrive at Tokyo station at 9:00 a.m.(私たちは9時に東京駅へ到着する予定だ。)

 

運命:「~する運命だ」

運命の意味で使われるbe to 構文は、ほとんどが過去形の否定文で用いられます。この場合、否定の副詞“never”がよく使われるので、セットで覚えておきましょう。

例:Romeo was never to see Juliet again.(ロミオは二度とジュリエットに会えなかった。)

 

義務:「~すべきだ」「~しなければならない」

be to構文が義務の意味で使われる場合、義務を課しているのは本人以外の第3者です。否定文の場合は、禁止の意味になります。

例:You are to leave at once.(君は、今すぐ去るべきだ。)
例:You are not to leave this hospital.(病院から出てはいけない。)

 

可能:「~できる」

be to構文には可能の意味があるとされますが、正確にいうと可能の意味で使われることはありません。この場合のbe to構文は、否定形+受動態となり、「可能でないこと」を意味します。

例:The Philosopher’s Stone was not to be found anywhere.(賢者の石はどこを探しても見つからなかった。)

例:No stars are to be seen in the daytime.(昼間に星を見ることはできない。)

 

意図:「~したい」

意図の意味で使われるbe to構文についてはあとの項でもふれますが、if節の中で使われる場合がほとんどです。主節に“should”や“had better”などが使われていて「~しなければならない」という意味になっている場合は、意図の意味で使われていると考えて間違いないでしょう。

例:If you are to pass the exam, you should study hard.(試験に受かりたいなら、しっかり勉強しなければならない。)

 

be to構文は「〜することになっている」と訳せばなんとかなる!


be to 構文に限らず、試験では和訳を問われている場合でない限り、英文を逐一訳す必要はありません。そして、be to 構文は、「~することになっている」と訳せば何となく意味が通じる場合がほとんどです。

be to 構文に出会ったら、予定・運命・義務・可能・意図のどれに当てはまるのか悩むのではなく、とりあえず「~することになっている」と大雑把に訳して読み進むようにしましょう。

ただし、if節に含まれる be to構文だけは、「~することになっている」と訳してはいけません。

 

if節内のbe to構文は訳し方に注意!


if節内のbe to構文は、意図です。他の意味と同じように「~することになっている」を当てはめると意味が通じなくなってしまうので、「もし~するつもりなら」「もし~したいなら」と訳すようにしましょう。

なお、if節のbe to構文は、入試の和訳問題でよく出題されます。条件反射で訳せるように、言い回しを覚えてしまいましょう。

 

四谷学院で知識だけではなく解答力もアップさせよう!

英語は、構文の理解が進むとよくわかるようになります。しかし、大学入試では、理解力に加えて解答力も求められます。

そこで、おすすめなのがダブル教育の四谷学院です。理解力を高める“科目別能力別授業”と解答力を高める“55段階個別指導”で、学力がどんどんアップ!E判定からの合格も、夢ではありません。四谷学院で、「わかる」から「できる」へステップアップしましょう。


科目・能力別授業詳細はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※説明会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料でパンフレットをお送りします

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ