前の記事 » 
次の記事 » 

今勉強していることは何の役に立つのか

  公開日:2017/06/27
最終更新日:2018/01/30

※この記事は約2分で読めます。

皆さんこんにちは。四谷学院の奥野です。

「今勉強していることって、何の役に立つんだろう」

こう思った経験はありませんか?

試験前日にフラフラになりながら徹夜している時
日本語は話せるのに現代文を勉強している時
ベクトルが分からなさ過ぎて泣きそうな時

疲れていると、人間は自分が今やっていることの意味について考えたくなります。

こんなのやって何の意味があるんだ。
やってられない!
完全に現実逃避ってやつですね。
きついからこそ、難しいからこそ、逃げたくなるものです。

確かに、ベクトルを勉強して、将来ベクトルを活用する人は、多くはありません。
ですが、だからと言ってベクトルを勉強することに意味がない訳ではないのです。
(あくまで例としてベクトルを挙げているだけで、ベクトルに個人的恨みはありません)

ここで重要なのが、

「目的」

「手段」

です。

「何の意味があるんだろう」と疑問に思う時、それは「目的」としてだけ考えているからこその疑問です。
「ベクトルが出来る」ことを目的として考えているけれど、その目的って何の意味があるの?ということですね。
目的としてだけ考えていたら、いつまでたっても疑問は解決しません。
なぜなら、それはただの目的ではないからです。

「ベクトルが出来る」というのは、「目的」であると同時に「手段」なのです。

このように、全ては皆さんそれぞれの理想の将来に繋がっていきます。
今、必死に勉強してベクトルが出来るように努力しているのは、
ベクトルを将来役立てるためではなく、

「なりたい自分になる」ためなのです。

四谷学院は「行ける大学」ではなく「行きたい大学」への進学をサポートします。
詳しくは、ホームページご確認ください。先輩たちの合格体験談も公開しています。

現役合格なら!
大学受験予備校 四谷学院

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生の悩み  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ