大学受験の臨戦モードスイッチON!センター試験後の勉強法について解説!

  公開日:2020/01/17


※この記事は約4分で読めます。

大学受験のスタートとなるセンター試験が終了したら、次に控える国公立の2次試験や私立の一般入試に向けた勉強が必要です。センター試験が終了すると解答速報が公開されるため、自己採点で2次試験に向けた具体的な対策ができます。しかし、もっとも重要なことは、自己採点を終えてから2次試験に気持ちを切り替えること、合格に必要な勉強に取り組むことです。今回は、センター試験後に取り組むべき、合格に向けた勉強法について解説します。

 

センター試験の自己採点が終わったら、気持ちを切り替えることが大切!


センター試験の受験がすべて終了したら、自己採点をしましょう。自己採点はただ点数を把握するだけでなく、2次試験の目標の見直しや、出願を変更するかどうかの判断基準になります。

ただし、結果で一喜一憂したり、すぐに志望校変更を考えたりするよりも、まずは2次試験に向けて気持ちを早く切り替えることが重要です。大学受験のスタートであるセンター試験に向けて勉強してきたため、センター試験が終わると安心してしまう受験生も少なくありません。ここで勉強が一度ストップすると、ライバルに一気に差をつけられてしまうので注意しましょう。

 

合格を手にした先輩たちのこの時期の勉強方法とは?


つい気がゆるみがちなセンター試験後ですが、先輩たちはどのような勉強をして合格できたのでしょうか。センター試験後の休憩が長引いている受験生は、以下の勉強法をすぐに実践しましょう。

 

とにかく過去問を徹底的に解く

2次試験対策は、直前まで過去問を徹底的に解くことが効果的です。ただし、やみくもに量をこなすのではなく、質の高さと勉強のやり方を重視することが大切です。

たとえば、頻出問題の分析や、英単語や用語などの知識の再確認、苦手な問題を重点的に勉強する、得意分野を復習して得点源を作るなど、ポイントを押さえて勉強しましょう。

また、直前期に過去問を解く場合、試験本番と同じ時間帯で同じ科目を解く、時間配分や解答する順序を考えながら解くと効果的です。緊張したらどうなるのかを意識すると、本番のシミュレーションにつながるでしょう。

 

模試や問題演習で間違った問題を重点的に勉強する

志望校の模試や過去問の問題演習で、間違った問題を重点的に復習する方法もおすすめです。直前対策は時間が限られているため、勉強内容を絞ると最後の追い上げ効果が期待できます。

「間違った問題=弱点」なので、問題集で演習してから過去問に戻り、制限時間内で解けるかを繰り返す方法が効果的です。また、間違った問題を別のノートに記録しておくと、試験直前の見直しに利用できます。

 

英単語や年号など基礎的な部分のインプット内容を確認

英単語や古文単語、歴史の年号、専門用語といった暗記するものは、直前期に勉強することでケアレスミス防止に役立ちます。特に、暗記は時間が経つと忘れてしまうため、基本的な部分に加え、忘れてしまった内容を再度インプットしましょう。

 

今までやってきた問題集や参考書をもう一度解いてみる

過去問だけでなく、今までに勉強した問題集や参考書を解き直すことも直前期に有効です。直前期はただでさえ短い期間なので、新たな勉強に取り組む時間は残されていません。そのため、これまでの復習に集中した方が時間を有効活用できるうえに、弱点や得点源になる分野を強化することにつながります。

 

センター試験後でも手を止めずに、2次試験に一直線で!

センター試験が終わると一段落した気分になりますが、勉強の手は止めず、2次試験に向けて気持ちを切り替えることが重要です。まずはセンター試験の自己採点をおこない、2次試験の目標を見直したり、出願校の変更を考えたりと、やるべきことはたくさんあります。もしもセンター試験後に勉強を止めてしまった場合、先輩たちが実践した勉強法に取り組みましょう。ただし、過去問をただ解くのではなく、間違った問題の復習や暗記系のインプット、今までの問題集を再度解くなど、ポイントを絞って勉強することが大切です。

センター試験後の勉強方法や出願の変更などで迷ったときは、四谷学院の入試情報コーナーを活用するのもおすすめです。予備校ならではの最新の入試情報がわかるので、出願先に困ったときの強い味方となります。

また、時間が限られている直前期は、より集中して勉強できる環境が必要です。四谷学院では周りが気にならないセパレートタイプのデスクと、座り心地のいい椅子を備えた自習室を完備しています。朝から夜まで利用可能なので、センター試験後の勉強が思うように進まない受験生は、四谷学院にぜひ通ってみてはいかがでしょうか?

<こちらもチェック!>
大学受験のセンター試験直後にすべきこととは?


四谷学院のダブル教育についてはこちら

四谷学院の55段階個別指導についてはこちら

個別相談会で詳しくご説明します

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※説明会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料でパンフレットをお送りします

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ