入試過去問題活用宣言を知っていますか?大学入試問題 過去問がそのまま出題される?受験生はチェックだ!

  公開日:2023/06/15


※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院です。

あなたは「入試過去問題活用宣言」を知っていますか?
この記事では、大学入試の過去問題に注目していきます。

「入試過去問題活用宣言」とは

毎年実施される大学入試問題は、過去問が膨大に蓄積されています。大学にとっても、毎年、新しい問題を作るのはなかなか大変であり、過去問の中にはいわゆる良問もたくさん存在します。
こうした状況の中、大学間で相互の過去問を利用するという取り組みが始まりました。

現在、東京学芸大学、お茶の水女子大学、東京慈恵会医科大学、順天堂大学など、100以上の国公立大学や私立大学で大学が「入試過去問題活用宣言」に参加しています。
過去問演習をしっかりとやっていれば、「あっ、この問題が解いたことがある!」という問題に出会えるかもしれませんね。

東京大学の出題は例外なのか?

東大の日本史の入試は、他の大学では見られない独特の問題を出題することが知られていますが、中でも特異な問題として有名なのが1983年の第1問です。


次の文章は、数年前の東京大学入学試験における、日本史の設問の一部と、その際、受験生が書いた答案の一例である。当時、日本史を受験した多くのものが、これと同じような答案を提出したが、採点に当たっては、低い評点しか与えられなかった。なぜ低い評点しか与えられなかったかを考え、(その理由を書く必要はない)、設問に対する新しい解答を5行以内で記せ。

過去問を改めて出題し、さらにその時の受験生の答案例を資料として提示し、新しい解答を考えるように求めています。こんな斬新な問題は他の大学では見られません。

東大の日本史は、暗記ではなく、考える力が求められます。
同じ問題が出たからといって、必ずしもすでに解いたことがある人が有利とも言えないのが、東大の問題の難しさや面白さを象徴しているといえるでしょう。


大学受験合格ブログ編集部

このブログは、大学受験予備校の四谷学院の「受験コンサルタントチーム」「講師チーム」「受験指導部チーム」が担当しています。 大学受験合格ブログでは、勉強方法や学習アドバイスから、保護者の方に向けた「受験生サポート」の仕方まで幅広く、皆様のお悩みに役立つ情報を発信しています。

合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

こんな記事も読まれています

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  大学受験情報  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ