前の記事 » 
次の記事 » 

11月1日は古典の日

  公開日:2017/10/30
最終更新日:2018/01/24

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の岩佐です。

来たる11月1日は「古典の日」です。
みなさん知っていたでしょうか?
残念ながら(?)国民の祝日ではないので、初めて知ったという人も多いかもしれませんね。

いろいろある!〇〇の日

「〇〇の日」というと、その日付は語呂合わせで決められたものも多く見られます。

たとえば・・・
3月14日は「数学の日」です。
理由はわかりですよね?
円周率の「3.14」にかけています。

12月12日は「漢字の日」。
「いい字、一字」と読むそうです。
今年の漢字が発表される日です。

古典の日の由来は?

「古典の日」は語呂合わせで決まったわけではありません。
「古典の日」が定められた背景には、『源氏物語』が大きく関わっています。

『源氏物語』は平安中期に紫式部によって書かれたとされています。
正確に何年ごろに書かれたのかはわかっていないのですが、作者とされる紫式部が書いた『紫式部日記』に以下のような記述があります。

左衛門の督(かみ)、
「あなかしこ、このわたりに若紫やさぶらふ」とうかがひ給ふ。

〈現代語訳〉
左衛門の督は
「失礼ですが、このあたりに若紫はいらっしゃいますか?」
とお聞きになった。

ここに出てくる「若紫」というのが『源氏物語』の登場人物「紫の上」のことなんです。
「若紫」については、古文の授業で習いましたよね?
光源氏が北山で若紫を垣間見る場面は、定番教材として多くの教科書に載っています。

この「若紫」と出てくる記述は『源氏物語』の存在を確認できる最古の記録で、寛弘5年(1008年)の11月1日。
だから古典の日は11月1日に制定されたんです。

古典の日は文学、音楽、美術、演劇、伝統芸能など、様々な分野の古典に親しむことを目的に制定されました。
これを機に古典に触れてみてはいかがでしょうか?

「古文が苦手・・・」
という方、ピンチはチャンスです。
苦手を克服できれば、あなたの大きな武器になりますよ。

詳しくはこちらのHPをご覧ください。

現役合格なら!
大学受験予備校 四谷学院

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス 教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ