【数学】公式の丸暗記のみに頼ると足をすくわれる!難関大合格のためにできること(1)正弦定理

  公開日:2021/11/30


※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の山中です。

突然ですが「正弦定理ってなぜ成り立つのか」考えたことがありますか?

三角形ABCにおいて、その外接円の半径をRとすると

が成立することは多くの受験生がご存じかと思います。

さて、もう一度聞きます。
この正弦定理がなぜ成立するのでしょうか?

「公式って計算スピードを上げるために覚えておくものじゃないの?」

「公式の導出を知らなくても試験で困ったことはないよ!」

なんていう受験生も多いかと思います。

ただ、そのような丸暗記のみに頼り、原理原則を理解しない勉強法ではいつか足元をすくわれてしまいます。

難関大の入試ではその原理原則に基づいた問題が多く出題されています。
また、このような思考プロセスを知っておくことで、初見の問題を解く大きな手掛かりになってきます。

では、正弦定理がなぜ成立するのかをここでは考えてみましょう。

図のように三角形ABCがあったときにその外接円を考えます。

さらに頂点Cと外接円の中心Oを通るように直径を描き円との交点をDとし、三角形BCDを描きます。

そうすると、直径の上に立つ円周角なので、∠CBD=90°です。

円周角の定理により外接円の半径をRとすると

が成り立ちますね。
同様に考えて

∠Aが鋭角でなく、直角や鈍角だったときも成り立つのかはぜひ今の証明をもとに確認してみてください。


科目・能力別授業詳細はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ