【数学理科・理系科目】本当に意味のある「見直し」とは?

  公開日:2021/10/28
最終更新日:2021/10/27


※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の山中です。

数学や理科といった理系科目の試験で見直しってしていますか?
もちろんしている人が多いと思います。

あなたのやっている見直しって本当に意味がある見直しですか??

最後の5分の見直しに意味はあるのか?

学校や塾の先生から
「試験は最後に5分残しなさい。そこでちゃんと見直ししなさい!」
と言われた経験、一度はありますよね?

でも、最後に5分だけ残して・・・って正直、面倒くさいですよね。解答欄のミスがないか、解き忘れがないか、それくらいしかチェックできないのではないでしょうか。
見直しをしたという事実を作るために、一応パラパラめくってみたりはするものの、本気で間違いを探そうと思って取り組む人って少ないと思います。
それなら、最後の5分まで問題に取り組む方がまだ良いと思いますよ。

なぜなら、それは意味のある見直しではないからです。

正しい「見直し」の方法は?

意味のある見直し方法、それは少しずつ小分けにしてちょこちょこ見直しするです。
例えば(1)を解いたら見直しして、(2)を解いたらまた見直しをする。もっと言えば、方程式を1段進めたら見直しをして筆算をしたら見直しをする。
そうすると見直しする範囲も少ないので、ちゃんとミスを探すことができます。

ところで・・・最初に「理系科目の見直し」とあったことに、気づいたでしょうか?
つまり、このやり方は理系科目にものすごく有効です。(文系科目でももちろん活用はできると思います)

自分の答えを疑え!

この時に大事なのは、間違っていると思って見直しすることです。
「どうせ合っているでしょ」と思って見直ししても、ミスは見つかりません。
これが習慣になると、見直しをしないで問題を進めていくのが怖くなるはずです。そうなったら勝ち!ミスの量は格段に減ります。

本当に意味のある「最後の5分の見直し」とは?~まとめ~


テストの後、「ミスがなければ、80点だったんですよ~」なんて声をよく聞きます。
でもそのミスがあなたの実力です。

もしも、1科目でミスを5~10点なくせば、全科目合わせて40~50点くらい上がるはずです。普通に勉強して点数を上げるより、ずっと楽ですよね。

なくすのが難しいのがミスです。受験生に最後までまとわりついてくる悩みです。
だからこそ、ただのミスと思わずに、そのミスを重く受け止め、早めに取り組みましょう。

見直しの方法を見直してみてください。そうするだけで、合格がぐっと近づいてくるはずですよ!


四谷学院のダブル教育についてはこちら

四谷学院の55段階個別指導についてはこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス 教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ