日本史は暗記科目ではない!?イメージでとらえろ!

最終更新日:2023/08/24


※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の山中です。

あなたは日本史は暗記科目だ!と思っていませんか?

もちろん、最終的には覚えないといけません。でもそれはどの科目でも同じです。
今回は、「イメージでとらえる日本史」というテーマでお届けします。

暗記のイメージが強い日本史

あなたは、日本史をどのように勉強していますか?

「とにかく目の前の語句や事件名をひたすら覚えていく!!」

このように勉強している方も多いのではないでしょうか。
ただ・・・
無理やり詰め込んだ知識は必ずこぼれおちます。

だったらどうすればいいのか?

流れや全体像から先に理解するのです。

正しい順番は?

目の前の語句をひたすら覚える人が多いかもしれませんが、それは順番が逆です。
まず、この時代はどんな時代か?といった全体像からとらえましょう。
イメージをつかんだうえで、事件などの中身を覚えるのです。「こんな事件があったなあ。こんな法令があったなあ」といった感じです。名前を覚えることは後回しです。

迷路に例えると・・・

たとえば・・・「迷路」を思い浮かべてくださいね。あなたはゴールまで迷路を進まないといけません。

何も見ないでやみくもに進むか?
あらかじめ迷路の全体地図を見たうえで進むか?
どちらがより進めそうですか?

絶対に後者ですよね。
日本史の勉強の仕方も同じです。

日本史はイメージでとらえろ!まとめ

日本史を勉強する時には、まずイメージや流れをしっかりつかみましょう。
そこで事件や出来事を結び付けて覚えていくほうが絶対忘れにくいのです。細かな名前を覚えるのは最後でいいのです。

ぜひ一度参考にしてみてください。


大学受験合格ブログ編集部

このブログは、大学受験予備校の四谷学院の「受験コンサルタントチーム」「講師チーム」「受験指導部チーム」が担当しています。 大学受験合格ブログでは、勉強方法や学習アドバイスから、保護者の方に向けた「受験生サポート」の仕方まで幅広く、皆様のお悩みに役立つ情報を発信しています。

科目・能力別授業詳細はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

こんな記事も読まれています

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ