一橋大に合格するために対策すべき「日本史」の傾向と対策!大学入試最高難度の問題に挑め!

最終更新日:2023/09/28


※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の日本史担当、武田です。
今日は、大学入試最高難度ともいわれる一橋大学の日本史について解説していきます。

一橋大学日本史の難易度

日本史の知識を問う問題としては、日本の大学で最高難度の問題が出題される大学は一橋大学といっていいでしょう。単純に比較することは難しいですが、ある意味で、東大や京大よりも難しい問題が出題されるということです。近年は、教科書に載っておらず手も足も出ないような難しすぎる問題は少なくなりましたが、それでも400字論述3題という論述量と問題の重厚さは、受験生の前に大きく立ちはだかるでしょう。

でも、目指すのは満点ではなく、合格点です。難しい問題に踊らされずに、一橋に合格するための勉強をしっかりとしていきましょう。
そのための対策について以下で、詳しく見ていきます。

一橋大学の日本史の問題形式

一橋大学の日本史の問題形式は例年固定されており、大問3問の構成で、400字の論述×3題=1200字となります。小問ごとの文字数指定はなく、小問4~5題をまとめて400字以内で解答する形式となるため、自分で400字の文字数を各小問に割り振ることになります。400字の中で語句を書かせる問題が出ることもあります。古代~近世の総合問題が1題、近現代から2題となっており、近現代の比重が高くなります。

一橋大学の日本史の出題傾向

一橋大学の前身の東京商科大学は、経済に強い人材を育成するための大学として設立されています。その名残が現在にも続き、二次試験の日本史では、社会経済史の出題が多く、その出題内容は日本史の枠にとらわれず、政治・経済で学習するような内容の理解まで問われると思った方がいいでしょう。社会経済の時代背景や政治・経済の仕組みまで意識して学習をしていく必要があります。

一橋大学の日本史で高得点を狙うには

経済分野に限らず、教科書に載っていないような内容も出題されることもあるため、高得点を狙うのではなく、合格ラインをとることを念頭において学習することが必要です。

例えば近年の問題では、「経世論を朱子学および荻生徂徠の学問とそれぞれ関係づけて説明しなさい。」という問題が出題されました。日本史の教科書を読んでも、経世論がどのようなものか具体的にはほとんど書いてありません。相当に難度の高い問題といえます。でも、前後の問いでは、掛屋と札差の説明や、長州藩の改革の説明など、いわゆる典型問題が出題されています。こちらの問題でしっかりと得点すべきなのは言うまでもありません。

一橋大学の場合は、400字を自分で配分することになりますので、問題の難度と自分が書ける内容を見定めて、文字数の配分を考えることになります。このように、解ける問題、基本的な問題でしっかりと得点することが合格のための必須条件となります。

まとめ:一橋大に合格するために対策すべき「日本史」の傾向と対策!大学入試最高難度の問題に挑め!

合格

今回は、一橋大学の二次試験の中から、大学受験で最難度ともいわれる「日本史」の入試問題について解説しました。
特に一橋大学や東大といった最難関の国立大学では、問題に共通するものがあります。それは、単に日本史の知識を問うだけでなく、受験生の興味関心の広さや、政治経済・現代社会への関心の高さ、学問全般としての教養を問うということです。つまり、日本史の勉強だけでは獲得できない教養を試す意図が感じられる問題が見られます。普段から好奇心や向学心をもって1ランク上の学力・教養を身につける姿勢で学習していきましょう。

四谷学院では、一橋大学の二次試験で出題された実際の問題を吟味しながら、出題パターンに慣れ、最高難度の問題への対応の仕方を少人数クラスで徹底指導します。実際の問題と格闘し、プロの先生に自分の答案を添削してもらい、一橋合格を勝ち取る論述力を身につけていきましょう。

志望校に合格するためには、予備校選びが重要です!まずは個別相談会にお気軽にご参加ください。


大学受験合格ブログ編集部

このブログは、大学受験予備校の四谷学院の「受験コンサルタントチーム」「講師チーム」「受験指導部チーム」が担当しています。 大学受験合格ブログでは、勉強方法や学習アドバイスから、保護者の方に向けた「受験生サポート」の仕方まで幅広く、皆様のお悩みに役立つ情報を発信しています。

合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

こんな記事も読まれています

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  大学受験情報 教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ