【大学受験】「衆議院解散」に秘められたドラマ―現代社会・政治経済をもっと面白く!

  公開日:2023/06/15


※この記事は約2分で読めます。

こんにちは。四谷学院の岸です。

現代社会や政治・経済の授業で「解散があるのは衆議院、解散がないのは参議院」と習います。では衆議院が解散になるのはどういう場合でしたか?そう、内閣不信任案が可決されたとき(憲法69条解散)と内閣が国民に信を問う形の解散(憲法7条解散)がありました。
そんな衆議院解散ですが、実は色々なドラマがあるんですよ。

今回は、そうした衆議院解散にまつわるドラマを紹介します。

万歳三唱

衆議院議長が天皇からの解散詔書(=「解散をします」という書類)を読み上げた後は、議員一同で万歳三唱をするのが恒例になっています。「ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい」と、議員たちが大きな声を出してバンザイをします。これは、衆議院解散のおなじみの光景なんです。しかし、議員たちは、これで失職してしまうわけですよね。なぜバンザイなのでしょう?

この万歳の理由、
・声をだして選挙に向けて元気を出すため
・解散=職がなくなるというやけっぱち
・天皇陛下への敬意
などなど色々な説が上がっていますが、いまだ定かではありません…。

面白い名前の解散

衆議院の解散には、名前が付くことがあります。これはテレビや新聞などのマスコミで使用されます。命名は議員が行うこともあります。

バカヤロー解散

1953年第4次吉田茂内閣の「バカヤロー解散」。
当時の吉田茂首相が、議会での質疑応答中に「バカヤロー」と発言したことが引き金となったことによるネーミングです。

ハプニング解散

1980年大平正芳内閣の「ハプニング解散」。
与野党の目論見に反して「ハプニング」的に内閣不信任案が決議されたのでこの名前が付きました。憲法69条解散の一例です。

現代社会・政治経済をもっと面白く!~まとめ~

今回は、現代社会・政治経済であつかう衆議院の「解散」にスポットライトを当ててみました。

四谷学院のクラス授業では、プロの講師が豊富な知識をもとに、受験に必要な知識をいろんなエピソードを踏まえてわかりやすく、記憶に残りやすいかたちで教えてくれます。
「なるほど」、「へえ」と印象に残れば、忘れづらい知識として脳に定着していきます。楽しみながら勉強することが、社会の力を伸ばすコツなのです!


大学受験合格ブログ編集部

このブログは、大学受験予備校の四谷学院の「受験コンサルタントチーム」「講師チーム」「受験指導部チーム」が担当しています。 大学受験合格ブログでは、勉強方法や学習アドバイスから、保護者の方に向けた「受験生サポート」の仕方まで幅広く、皆様のお悩みに役立つ情報を発信しています。

科目・能力別授業詳細はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

こんな記事も読まれています

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ