前の記事 » 
次の記事 » 

集中力を高める3つの方法

  公開日:2018/03/08
最終更新日:2019/05/31

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の山中です。

過去問題や模試の採点・見直しをしてみると「あ!これわかったはずなのに・・・」というような間違いをしていることがあると思います。

こういった「ケアレスミス」は集中力不足が原因であることが多いです。試験本番で実力を120%発揮するための「集中力を高める方法」を3つ紹介しますので、これから1年間意識して勉強に取り組んでみてください。

集中力をコントロールできるようになろう

あなたは、集中力を高めたいとき、どんな方法をとりますか?

四谷学院の担任の先生の中で、大学受験の際に本番での集中力を高めるため、問題のことだけ考えてそれ以外のすべてのことを自分の思考の外にするイメージを持つようにしたという先生がいます。
つまり、自分がコントロール可能なことだけを考えていたわけですね。

これは、簡単に集中力アップをはかれる、良い手段です。
と言うのも、集中力が低い時というのは、思考があっちこっちに行ってしまい、実はいろんなことを考えているからです。

「もしもここで失敗したら浪人かも・・・」とか
「さっきやった科目では何点とれたかな・・・」とかです。

でも、こんなことは考えてもムダなんです。

今目の前にある問題のことだけ考えるべきですよね。
そんな深い集中状態をつくるために、以下の点を意識してみてください。

  • (1)「やらなければいけないことは何か」と「考えても意味がないこと」を明確にする
  • (2)考えても意味がないことは思いきって思考から捨ててしまう
  • (3)やらなければいけないことに自分の意識を向ける

集中するための環境づくり

また、集中できる環境づくりも大事です。

四谷学院のカウンターには、余計なものは1つもありません。
とくに、学習相談や進路指導を行う面談室の壁の生徒から見える側には、何も貼ってありません。
これは、「話に集中しやすくするため」です。

あなたが勉強している部屋は、どんな環境でしょうか?
目に見える範囲に漫画がある、テレビが付けっぱなし、カーテンが開いたまま・・・など。
もしかすると、それらが集中を阻害しているかもしれません。

「集中力」を高めるために、できることはたくさんあります。まずは、環境を整えてみましょう。

心配性なあなたへ

最後に、「自分は心配性だ」という方へ向けて、お話をしたいと思います。

「もし不合格だったらどうしよう?」
「もし、分からなかったらどうしよう?」
「もし、問題が難しかったらどうしよう?」
「もし、○○だったら・・・」

こんな風に「もしも」のことを考えて、心配してしまう方、たくさんいると思います。
しかしながら、こんな風に、先のことや分からないことを心配し過ぎてしまうのは、とてももったいないことなのです。

よく言えば、リスクの管理ができているので、いざという時にも落ち着いて行動できるでしょう。
しかし「いざという時」がくる確率ってどのくらいでしょうか?

自分がコントロールできることを心配して、それに対処できる準備をしておくことは、成果に直結します。しかし、コントロールできないことをくよくよ考えても時間のムダ。
頭の中のメモリを無駄遣いしているだけで、成果は逆に下がってしまいます。

「自分は心配性で・・・」という場合は、通常時のパフォーマンスが確実に下がっています。
自分がコントロールできる範囲のことに集中し、成果も上げていきましょう。

どうしても、不安が勝ってしまうときは、受験を知り尽くしたプロに相談しましょう。
四谷学院では、プロの担任の先生が一人一人につきますので、心配なことはいつでも相談できる環境が整っていますよ。

四谷学院には、あなたの学力を飛躍させる独自の方法論があります。
詳しくはホームページをご覧ください。

合格体験記はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※説明会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料でパンフレットをお送りします

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生としての心構え  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ