前の記事 » 
次の記事 » 

合格体験記は自分の受験の武器になる

  公開日:2017/11/21
最終更新日:2018/12/05

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは。四谷学院の岡本です。

「合格体験記」を読んだことがありますか?
この記事では、体験記の活用法について解説します。

「体験記って、つまり広告でしょ?」
と思っているあなた!
それは間違いです。
体験記を上手に活用することで、学習の効率化、そしてモチベーションのアップが望めるんです。

体験記はただの広告ではない

合格体験記とは、

「偏差値●点だったけど、1年間がんばって●点アップ!志望校に無事合格しました。」
「現役のときの志望校は●●。しかし、せっかくもう1年やるんだからと、志望校を上げて、がんばって合格できました」
というような、アレです。

「え~~~人の自慢話なんて読みたくない・・・!」
なんてことを言う方もいらっしゃるのですが、実は「「ナマの体験記」には合格のヒントがあふれているんです。」

まずは、自分の志望校・目標校に合格した先輩方の合格体験記を探してみましょう。

さらに、講習や長期休暇の活用法なども、事前に体験記に目を通しておくことをオススメします。
自分が思っても見なかった使い方や効果を、先輩が教えてくれるはずです。

実際にその大学に合格した先輩から、
「これ、絶対やっておいた方がいいよ!」
といわれると、かなり説得力がありますよね。

本音=悪口、ではない

ナマの体験談とか、本当の気持ちと聞くと、「ネガティブな印象を正直に話す」ということと勘違いする人がいます。

たとえば・・・

「あの先生は微妙!」
「この授業は、わかりにくい!」とか。

でも、これって本当に有効な情報でしょうか?
それこそが間違いなんです。

実は・・・これは「不合格だった人の声」であることが多いんです。
不合格を、先生や授業のせいにしているのです。

ですから、あまり参考になりません。

では、本当に役立つ合格者の声とはどんなことでしょう?
それはこんな内容です。

「この時期に、こういう勉強をするのが効果的だった」
「これが苦手だったけど、それをすることで克服できた」
「●●大学を目指すなら、この勉強が必須です」

結果的に合格するために必要だったこと、成功したことを知ること、
これが体験記の上手な活用法です。

受験のプロを信じて!

最後に、大阪大学に合格した先輩の体験記からまるっと引用します。

「あなたは受験の何を知っているのですか?勉強の何を知っているのですか?多少知っていたとして、それが先生の持つものを上回ると本気で信じているのですか?」

ドキっとした人、いませんか?

時に先生を否定したり、勉強自体に不信感を持つこともあるでしょう。
努力がそのまま形にならないと不安に感じるかもしれません。

しかし、まだ道半ば。

これから、アナタはまだ伸びる!

あなたをサポートしてくれるプロの言葉を信じて、そして自分自身を信じて、受験当日まで精一杯やり遂げてください。
きっと新しい世界が開けてくるはずです。

四谷学院のダブル教育についてはこちら

四谷学院の55段階個別指導についてはこちら

個別相談会で詳しくご説明します

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※説明会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料でパンフレットをお送りします

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  受験生への学習アドバイス 合格した先輩の声  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ