【数学・物理】公式暗記は不要?単位がわかると式が分かる!?計算のコツ

  公開日:2021/11/28
最終更新日:2021/11/27


※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の山中です。
この記事では、物理や数学における計算の考え方についてお話しします。
計算が苦手、あるいは計算が得意になりたい!という方はぜひ目を通してみてくださいね。

計算過程に注目

物理・数学では、単位を見れば計算過程を丸暗記しなくてよいものが多くあります。
実は・・・公式の暗記でさえも不要になる場合もあるんです。

信じられませんか?
では、証拠をお見せしましょう!!

2021年1月実施の共通テスト「数1A 本試験」の出題です。
陸上競技に関する問題がありました。
この問題は、単位の考え方がわかっていれば、長い説明文を読まなくても解答することができました。

単位の基本的な考え方

「速さ」を例に、単位の基本的な考え方を説明してみましょう。

速さや距離の公式を覚える際に、「みはじ」や「はじき」を覚える人も多いですよね?
しかし、10 m/s ならの 単位「m/s」を見れば暗記する必要はありません。

1sで10m進む、を単位で表したものが10 m/s
2sなら10×2 = 20 m進む
0.5sなら10×0.5 =5 m進

以下の図のように、10 m/sの解釈を基準として、秒数(s)が×2されているため距離(m)も×2という単純な比例の考え方です。

これはどんな単位でも同じ考え方です。
たとえば、化学のmol計算で出てくる
「モル×アボガドロ定数を=粒子数」という計算手順を暗記している人が多いですが、同じく暗記は不要です。

まず、のように、空白になっている箇所に“個”を補ってください。すると、以下のようにm/sと同様に、単位から考えることができます。

これは、モル体積(22.4 L/mol)やモル質量( g/mol)でも同様に考えることができ、
「モル×22.4=体積」のような暗記は不要になります。

このように、化学や物理の場合は、問題文に単位が書いてあることが非常に多いです。ぜひ単位に注目し、この考え方を使う癖をつけていきましょう。

2021年1月実施の共通テスト数1A(本試験)の問題

第2問に陸上競技に関する出題がありました。
「ピッチ」「ストライド」という陸上競技をしていな人にとっては見慣れない語句が
出てきてました。さらに、約1ページにわたって語句の説明もあり、困惑した人も多かったのではないでしょうか。

ただ、今回の単位の考え方を使えば、(1)(解答欄ア)は簡単に解答できます。

問題文には、「ピッチ」「ストライド」が以下のように単位付きで説明がありました。

1歩あたりに進む距離:ストライド(m/歩)
1秒あたりの歩数:ピッチ(歩/秒)

問題(1)はストライドをx、ピッチをzとして、xとzで平均の速度(m/秒)を表す問題でした。
平均の速度の単位はm/秒なので、ピッチとストライドから「1秒あたり何m進む」かを求める方針になる。

ピッチ z 歩/秒:1秒あたりz 歩
ストライド x m/歩:1歩あたりx m進む

よって、1秒あたりのz歩ではz×x m進むと分かるので、速度はzx m/sとなる。

ピッチ z 歩/秒:1秒あたりz 歩 で zx m進む
ストライド x m/歩:1歩あたりx m進む

もちろん、説明書きを正しく読むことが大前提ですが、単位に注目して考えれば、比例計算というシンプルな考えで解くことができる。


科目・能力別授業詳細はこちら

個別相談会で詳しくご説明します

相談会の様子

システム紹介はもちろん、受講プランの作成や教材閲覧、校舎見学などを行っています。※相談会後の迷惑な勧誘やしつこい電話は一切しておりません。安心してご参加ください。

無料個別相談会はこちら

無料でパンフレットをお送りします

パンフレット

各コースの詳しい資料と合格体験記冊子を無料でお届けします。
お気軽にご請求ください。

無料資料請求はこちら

無料資料請求はこちら

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  教科別学習アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ